早起きは三文の徳!美容のための朝習慣

undefined

 

「早起きは三文の徳」と言うように、ギリギリまで寝ている人と余裕を持って朝を過ごす人では、美しさも健やかさも大違いです。朝は人間の身体にとっては排泄の時間。朝起きて排便や排尿したくなったり、口の中が苦く感じるのはそのためです。いわゆるデトックスタイム。この時間に、しっかりとデトックスしておくことが大切です。

さらに、毎朝同じ時間に目覚めて朝日を浴びると身体時計がリセットされるため、ホルモンバランスや自律神経のバランスが良くなります。

朝の時間を上手く過ごせないと、便秘や肌荒れなどを起こすことが考えられます。また、朝晩逆転の生活などをしているとホルモンバランスや自律神経の乱れが起こり、生理不順や自律神経失調症特有の様々な症状が出てくる可能性があります。

目覚めスイッチオン!朝時間の活用法

私の朝の一連の流れをご紹介しますね。まず、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴び、コップ1杯のお水を飲みます。これで体内時計をリセットし、お水で腸を刺激することで排便を促します。その後、少し熱めのシャワーを浴びます。これで交感神経を刺激し、1日のエンジンアップに。また、排泄の時間に消化酵素を無駄遣いしないよう、体調に合わせて朝食にフレッシュジュース作ります。スキンケアでお勧めなのは、保湿をメインにすること。時間があればクリームパックをすることもあります。

朝のスキンケアでオフィスの乾燥に負けない肌を

undefined

 

ついつい夜に集中してお肌のケアをしがちですが、夜と朝のスキンケアでは目的が違ってきます。夜は肌に栄養を与えるため、朝は肌を乾燥から守るためのスキンケアに重点を置きましょう。

特に朝は保湿に重点を置き角質層に水分をしっかり行き渡らせておくと、潤いが持続する時間が長くなります。そうすると肌が乾燥する14時~16時の時間帯になっても、メイクが崩れにくい肌に。さらに20代を過ぎたら良質の油分を補給することも大事。過剰な皮脂は必要ありませんが保護膜としての油分は必要です。出勤前に、少量つけておくだけで肌の状態がずいぶん変わりますよ。

私も実践している朝美容で、お勧めはシートパック。ドラックストアなどで買える安価のもので構いません。化粧水タイプの物を選んで5分程パック。私はその間に髪の毛を乾かしたり、他のことをしています。角質層に水分が補給されることで肌色のトーンがアップするのと、皮脂分泌が抑えられるので化粧ノリがよくなり、また化粧崩れもなくなりますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。