前菜を頼めるケバブ屋さん

先日、久しぶりに用があって渋谷を訪れた。その際「せっかく渋谷に来たのだから、よしっ、VIRON(ヴィロン)のパンでも買って帰ろうか」などと思い、東急本店近くをてくてくと歩いていたら、「ケバブカフェ」なるお店を発見。
メゼ

前菜はペーストのみ。写真は「ホウレンソウとヨーグルト」

場所は、渋谷駅から東急本店へ向かう道沿い。ドン・キホーテ手前の雑居ビルの1階にある。大通りから少し奥まった間口の狭い店、ということもあり、気をつけていなければ見過ごしてしまうだろう。

エントランスの雰囲気から、ゆったり寛げるカフェというよりは、ケバブサンドを提供する簡易的な店という印象を拭えない。そのためか、正直、最初は店頭に掲げるメニューをなんとなく眺めていた。が、ちょっとしたメゼ(トルコの前菜)があることがわかり、一変。すぐさま身を乗り出すように店内を覗きこみ、時を置かずして店内に足を踏み入れた。よく見かけるドネルケバブ屋さんでは、調理に手間がかかるメゼは、まず見かけない。だから、他店とは一線を画したこんなラインナップに、確固たる信念が窺えたのだ。

うなぎの寝床のような店内には、手前に二人掛けのテーブルが3脚と、奥に同じく二人掛けのテーブルが3脚あるのみ。隠れ家バルのような雰囲気だが、ここには、一切アルコール類はない。こんなところからも、ケバブに対する強い思いが伝わってきて、ぐぐっと興味をそそられた。