王朝料理の伝統を受け継ぐ多種多様なトルコ料理

これだけは知っておきたい!シリーズ、今回はトルコ料理編。
フランス料理、中国料理にならび、トルコ料理は世界3大料理のひとつに挙げられる。これに関しては、意見が分かれるところだろうが、アジア、ヨーロッパ、アラブなど、さまざまな民族との交流を経て、各々の食文化を巧みに取りいれ、栄華を極めた王朝料理の伝統が、トルコ料理にはいまも息づいていることを考慮すると、トルコ料理は有力候補のひとつに挙げられても、不思議ではないかなぁ、と個人的には思っている。

メゼ1
トルコのレストランでは、前菜が山のようにトレーにのせられる。
そんなトルコ料理は、日本ではまだドネルケバブくらいしか馴染みがないが、トルコは地理的にも気候的にも恵まれているため、肉以外にも新鮮な魚介類や野菜、乳製品が豊富に揃う。とあり、料理も調理法もバラエティー豊か。新鮮な味わいに出合えることが多々ある。

基本的には、オリーブオイル(バターなども)をベースにレモンなどの酸味、トマト、玉ねぎがよく使われ、これにハーブやスパイス、ヨーグルトなどの乳製品がアクセントになっている。“トルコ料理は辛い”と誤解されがちだが、一般的には、“これは辛くて食べられない!”というものはないように思う。
唐辛子は使われることは使われるのだが、その量は素材の繊細な味を引きたてる程度。南の地域などでは、辛い料理が好まれるけれど、それはほんの一地域だけ。
色彩豊かでなんとも魅惑的な味わいのトルコ料理。ぜひ身近に感じてみてください。

メゼ2
多種多様なメゼの盛り合わせ。レストランによっては魚介類も揃う。
まずは、メゼと呼ばれる前菜からご紹介します。(ここでは日本で口にできる代表的な料理をご紹介)。
メゼは、できればトルコ式に、トルコの地酒「ラク」とともにどうぞ。相性抜群ですよ。
ちなみに、ラクは葡萄やナツメヤシに、アニスと呼ばれるセリ科の植物のエキスで香りづけをした蒸留酒。水で割って飲むのだが、アルコール度が50度近くと高く、やや個性的な味でもあるので、好き嫌いがわかれるかもしれない。が、慣れるとクセになるお酒ではあると思う。水を入れると白濁するので、話題性もありますよ。(ちなみに、ワタクシは寝酒にしております。おほほ。)