老舗の蕎麦の味

池之端undefined薮蕎麦

池之端 薮蕎麦

砂場、更科、藪。江戸三大蕎麦の中でも、私が最も好きなのが薮。醤油のきいたキリッとしたおツユが、蕎麦の香りを引き立てます。今回紹介するのは、「並木薮蕎麦」、「かんだやぶそば」と合わせ、薮蕎麦御三家とされている、上野広小路にある池の端薮蕎麦です。

店の佇まいも風情あふれるこちら。小上がり席について、「お銚子1本!」と、粋に楽しみたくなる雰囲気なのです。

さて、このお店でお酒のお供にぜひ注文してほしいのが、天ぬき(1000円)です。サクサクとした食感の衣の中にはプリッとした海老がたっぷりと隠れています。さらには上品なダシのお味はさすが!
天ぬきundefined1000円

天ぬき 1000円


雪のような蕎麦

さて、お次は自慢のお蕎麦。さっそく王道のざるそばを……といきたいところですが、次のページで詳しく触れるとして、まずはいそゆきそば(750円)を。「いそゆき」とは「磯雪」と書き、磯に降る雪のイメージ。こちらでは玉子をふんわりと泡立て、冷たい蕎麦にかけたものを、もり汁につけていただきます。
いそゆきそばundefined750円

いそゆきそば 750円

ズズッとたぐると、口の中では玉子の泡が心地良く弾け、まるで雪のよう。蕎麦の力強い香りとまろやかな玉子が渾然一体となり、喉をスルリと通り抜けていきました。薮ならではのおツユを玉子の甘みが、一層引き立てています。

さて、次のページでは、ざるそばをご紹介!