代官山に移転、イチの新しいスタート

西馬込の人気店、ブーランジェリー・イチと、カフェを併設したパティスリー・トレトゥール・イチが、2012年1月11日、代官山に移転しました。
入り口を入って左がパンとお菓子、お惣菜の売り場と厨房

入り口を入って左がパンとお菓子、お惣菜の売り場と厨房

市毛理さんundefinedシャルキュティエの別府功介さん、カフェ料理と惣菜担当の市毛朋子さん。

市毛理さん シャルキュティエの別府功介さん、カフェ料理と惣菜担当の市毛朋子さん

「イチ・イチ・イチの日です」とオーナーでブーランジェ(パン職人)の市毛さんは言いました。

いままで西馬込にばらばらに点在していたパンの製造場所と売り場、カフェとパティスリー、お惣菜売り場を、メゾン・イチとしてすべて一体化、代官山でカフェ・ブラッスリー40席のスペースを確保して、新しくスタートを切ったのです。
左上から時計回りに、エントランス、ランチセットのパン盛り合わせ、ブラッスリー、バゲット

左上から時計回りに、エントランス、ランチセットのパン盛り合わせ、ブラッスリー、バゲット

代官山駅から2分ほど、旧山手通りに面した地下にお店はあります。パンのラインナップと価格は基本的に変わらず、ただ夜の食事メニューが充実し、ワインやビールも楽しめるようになりました。朝は7時から夜は10時まで、これまで以上にゆったりと、パンとおいしい料理を楽しめそうです。種類は限定されるそうですが、朝7時から焼きたてのパンが食べられるのは地元の人にとって、とても嬉しいことですね。

なお、西馬込のもともとのブーランジェリー・イチの店舗は、販売店として再オープンしています。