オール1万円以下! 最新の頭皮治療で美髪な女に!!

アンティアージュクリニックではその人の悩みの状況や目標に応じ、複数の治療方法を提案中です。予算や通える頻度も踏まえベストな治療計画をたてることができます。


 
育毛メソ

画像では分からないくらいの極細針で注入

■スピード重視派には「育毛メソセラピー」
とにかくこの状態から脱却したい!という人には、注射がイチバン。頭皮の血行を促し発毛を促進する成分や毛包の働きを活発にする栄養素など数種類の育毛成分をブレンドしたオリジナルカクテルを頭皮の気になる部分に直接注入し素早く発毛を促します。

通う頻度は、最初は週に1度ペースを4回、その後徐々に感覚を開けていきます。頭皮の状態にもよりますが効果が実感できるのは約3か月後だそう。薄かった部分にまずうぶ毛が生え、その後徐々に太く濃く育っていきます。デメリットは薄い頭皮にけして少なくはない薬剤を投入するため、痛みがやや強いこと。人によっては当日だけでなく翌日くらい鈍痛が続くこともあります。

 



モザイクヘア―

照射面積に上限なし、税別1万円ポッキリ!

■ペインレス派には「モザイクヘアー」
効果も欲しいけれどやっぱり」注射は抵抗がある、という女性にはフラクショナルレーザー「モザイク」を使った頭皮ケアがイチオシ。肌に目に見えない微細な穴を開けるレーザーで、わずかな熱刺激を与え、毛根を刺激し発毛を促進します。こちらは注射と違い施術中も施術後も痛みは皆無と言っていいほど。熱刺激を与えますが、健康な毛根まで焼けてしまうとか一時的に毛が抜けるといったデメリットもなし。妊娠中の女性ですら受けられる安全な治療です。

 



ホームケア&薬剤

左寄り外用薬、注射の薬剤、経口薬。全部やったら当然無敵のモテ髪に

■完璧ケアには育毛の「外用薬」や「経口剤」
忙しくて頻繁には通院できない、自宅ケアもしっかりやって相乗効果を引き出したい、そんな人には発毛効果のある外用薬や経口剤、漢方薬が用意されています。デメリットはどちらも髪の毛だけでなく、体全体の毛が濃くなる場合があること。 そうならぬよう同時にレーザー脱毛や脱色を行う女性もいるそうです。

でもってガイドの個人的なオススメは!?