「筋肉コルセット」をつくるエクササイズ

 ポッコリ下腹部に効果絶大


すねと床は平行に

すねと床は平行に

1 仰向けに寝た状態から、両膝を曲げて写真のようにセットします。すねと床は平行にし、脚の重みを下腹(腹横筋)で支えるように意識しましょう。

 
下腹の力で脚を引き寄せる!

下腹の力で脚を引き寄せる!

2 曲げた両膝の角度は変えずに、息を吸いながら、つま先をゆっくり床に近づけます。次に息を吐きながら、ゆっくり両脚を1の状態に戻します。太もも前に力が入るのはNG。きついジッパーを引き上げるような意識で、下腹の力で脚を動かすのがポイント。1⇔2の動きを5回程度繰り返す。


 

前面のもたつきを解消



少し膝を曲げてもOK

少し膝を曲げてもOK

1 仰向けに寝た状態から、両脚を天井に向けて写真のように伸ばします。膝を伸ばすのがキツイ人は、少し膝を曲げてもOK。脚の重みをお腹全体(腹直筋や大腰筋)で支えるように意識しましょう。

 
脚の重みを腹筋で支える!

脚の重みを腹筋で支える!

2 1/4の円を足先で描くように、息を吸いながら、つま先を床に近づけます。次に息を吐きながら、ゆっくり両脚を1の状態まで戻します。お腹に力を入れ続け、脚の重みで背中が反らないように注意しましょう。1⇔2の動きを5回程度繰り返す。

 

サイドのハミ肉を撃退



肩を安定させて!

肩を安定させて!

1仰向けに寝た状態から、両膝を曲げて写真のようにセット。すねと床は平行にし、脚の重みを下腹(腹横筋)で支えるようにし、両腕は天井に向かって伸ばします。

 
腹斜筋を意識する!

腹斜筋を意識する!

2 両膝をピッタリと閉じ、息を吸いながら両膝を左側に倒し、息を吐いて脇腹(右の腹斜筋)を意識しながら、ゆっくり1の状態まで戻します。肩や肩甲骨が床から離れてしまうのはNG。肋骨下からのひねりを感じましょう。反対側も同様に。左右往復で10回程度繰り返す。

 
平らなお腹とくびれたウエストは、バストやヒップを相対的に大きく見せるのにも効果的です。バスト~ウエスト~ヒップという女性特有のなだらかなラインを美しく見せるアクセントにもなるので、自前の「筋肉コルセット」をしっかりお腹に巻けるように、頑張っていきましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。