昼も夜も楽しめるお正月イルミネーション

点灯した様子

写真12.点灯した様子

床の間に飾った様子

写真13.床の間に飾った様子

飾りは、和紙をハサミで切ってテープで張っているだけなので、それほど難しい作業はありませんが、造花や、折り鶴など折り紙で作ったモチーフを使ってもよいかもしれません。サイズは小ぶりなので、飾り棚に飾ったり、鏡モチと並べてもバランスが良いと思います。

お正月は明るい部屋で、過ごすことも多いので、消灯時でも見栄えがするように作るのがポイントです。

また、イルミネーションは、LEDの電球色のものを使ってもきれいです。ただ、種類によっては熱をもつものがあるので、連続して長時間点灯する際は十分ご注意下さい。特にLEDはなく電球タイプのイルミネーションは和紙が焦げたり、発火する恐れがあるので使用できません。

手作りのお正月飾りで、素敵な新年をお迎え下さい。

【関連記事】
お客様をもてなす床の間の照明
年末に汚れを一掃!照明器具の大掃除作戦

Copyright(c)中島龍興照明デザイン研究所. All rights reserved


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。