金の扇を作る

扇

写真8.中央を両面テープでとめる

1、金色の紙を蛇腹に折る。
2、中央で2つ折にし、両面テープで張り付ける。
※ここでは、お菓子の包装紙を利用していますが、金の折り紙や柄が入った和紙などで作ってもきれいだと思います。

 

組み立て 

和紙の花にイルミネーションを通す

写真9.切り込みを入れた和紙の花にイルミネーションを通す

1、和紙の花の中心部分にハサミで切り込みを入れ、イルミネーションのパーツ(写真では赤い花)を通す。(写真9)
2、竹筒に、セロハンテープで和紙の花を貼り付ける。
3、和紙の紙の竹にイルミネーションを通し、セロハンテープで固定する。(写真10)
ここでは、竹の切り口からは白い光が見えるように調整しました。

 

 
竹の中にイルミネーションを入れる

写真10.竹の中にイルミネーションを入れる

4、金紙の扇をセロハンテープで竹筒に張り付ける。
5、電池ボックスは竹筒の中にいれ、イルミネーションも中に入れる。
※来客時などは、この方がきれいですが、スイッチの点滅を頻繁にする時は、電池ボックスを外に出して、竹筒の後ろに置くと良い。

 

電池ボックスを隠した例

写真11.電池ボックスは外に出しても良い

6、和紙の竹を真っ直ぐになるように設置。
7、柄の入った四角い和紙を、余分な配線を隠すように竹筒の正面に貼り、完成!

次のページでは点灯した様子をご紹介します。