バラの概略については、ガイド記事【バラの種類と育て方】で述べましたが、今回はつるバラの冬剪定と枝の誘引について、詳しくご紹介しましょう。

冬剪定と誘引の目的

つるバラ

たくさんの花をさかせるための、大事な作業

剪定の必要性については、ガイド記事【庭木・花木の剪定】でも述べていますが、つるバラの場合は枝全体に花をつけることを目的に、剪定と誘引を行います。

つるバラの剪定と誘引の時期は、12月中旬から1月いっぱいくらいが適期です。この時期はつるバラも休眠中で、剪定による株の負担が軽いことと、つるを曲げても折れにくいためです。ただし寒冷地では3月頃、芽が動き出す前に行います。

 

準備するもの

皮手袋

皮手袋は、作業に欠かせない

つるバラの剪定・誘引に使うものです。
  • 剪定鋏─細枝の剪定に使用
  • 片刃鋸─園芸用のもので、太い枝に使用
  • 結束紐─麻紐、棕櫚縄、結束バンド、ローズフックなど
  • 皮手袋─棘が刺さらないものを
この他、株元にブルーシートなどを敷いておくと、作業後の枝の回収がスムーズになるでしょう。