剪定(せんてい)の必要性

剪定することで、日照や通風もコントロールできる

剪定することで、日照や通風もコントロールできる

庭木を育つに任せていたのでは、日差しが遮られたり風通しが悪くなったりという弊害が生まれます。それによって庭全体に病虫害が蔓延してしまう危険性も伴ないます。スペースが限られた庭では、そこにあったサイズをキープする必要がありますし、古い枝を切って新しい枝に更新することで良い花を咲かせることができるのです。

このように庭木の整枝・剪定は、不要な枝を切って木の形を整えるだけでなく、通風や日照、病虫害の予防といった庭全体にも影響する大事な作業なのです。

 

庭木の剪定時期

整枝・剪定することで美しく保つことができる

樹形を美しく保つためにも、整枝剪定は大切

一般的に常緑樹は春の盛んな萌芽が一段落する6月頃と夏枝の伸びが止まる10月頃に、針葉樹は春と10月頃に、落葉樹は葉が落ちて休眠期となる11~3月頃に剪定するのが良いとされています。

ただし、花を観賞することを目的とした木の場合は、花芽の形成時期に注意する必要があります。良くある事例で、お正月を前に庭の木々をこざっぱりと剪定したのは良いが、その後楽しみにしていた花木の花が咲かなくなった……ということがあります。これは花芽の形成時期を考えずに剪定をしたため、せっかくできていた花芽を剪定で切り落としてしまったことによる失敗です。

 

特に頂芽(春から伸びた枝の先端)に花芽ができて冬を越して春に開花するものは、夏の間には花芽が形成されますから、秋以降に枝を切ってしまうと花が咲かなってしまいます。こういった花木の場合は、花後すぐが、整枝・剪定のチャンスとなります。