剪定鋏
花木は剪定時期に注意が必要
【How to 庭木の整枝・剪定-基礎編-】では、剪定の必要性と、枝の切り方についてお話しました。
今回は花木の剪定の際に注意したい着花習性と、代表的な花木16種の剪定時期についてお話しましょう。

花木の着花習性

植物はそれぞれ種類によって花芽をつける時期、枝に花が着く場所が決まっています。この遺伝的な性質を、「着花習性」といいます。

【着花習性のタイプ】
着花習性はいろいろな分類の仕方がありますが、一つの目安として大まかに以下のように分類できるでしょう。
  1. 春から伸びた枝の頂芽や側芽に花芽をつけ、越冬して開花するタイプ
    ライラック
    ライラックのように枝の先に花が咲くタイプは剪定時期に注意!

    剪定は、基本的に花後すぐに行います。
    頂芽にのみ花をつけるタイプでは、花芽が形成された後に剪定をすると、まったく花が咲かなくなるので特に注意が必要です。
    側芽にも花をつけるタイプは、花芽が形成された後は強く剪定するほど花数が減ることになります。
    秋以降は花芽の無い枝や樹形を乱している枝の整理にとどめておきましょう。
    このタイプの花木としては…
    ≪頂芽につく≫
    ライラック、ハナミズキ、ヤマボウシ、ツツジ、モクレン、ツバキ、シャクナゲ、ガマズミ類など
    ≪側芽につく≫
    ウメ、モモ、サクラなど
    ≪頂芽と側芽につく≫
    ニワウメ、レンギョウ、ロウバイ、マンサク、ヤマブキ、ハクチョウゲ、コデマリ、ユキヤナギなど
    があります。

  2. 春から伸びた枝に花芽をつけて越冬し、春にわずかに枝を伸ばし開花するタイプ
    フジの花
    フジは枝の側芽に花をつける

    剪定は、花後すぐに行います。このとき徒長枝も切り戻しておきましょう。
    また冬の休眠期には、不要枝を整理して樹形を整えましょう。
    このタイプの花木としては…
    ≪短枝の頂芽につく≫
    ジンチョウゲ、ハナカイドウ、ボケ、カリンなど
    ≪側芽と枝元近くにつく≫
    フジ
    ≪頂芽と側芽につく≫
    トサミズキ、ヒュウガミズキなど
    があります。

  3. 新しく伸びた枝に花芽ができ、その年の間に開花するタイプ
    ムクゲ
    ムクゲは新しく伸びた枝に花がつく

    花後から、新梢が伸び始める前に剪定を行えば開花に影響しません。
    このタイプの花木としては…
    ≪頂芽につく≫
    バラ、ヒペリカム、ノウゼンカズラ、キョウチクトウなど
    ≪側芽につく≫
    キンモクセイ、ナツツバキ、テイカカズラなど
    ≪頂芽と側芽につく≫
    アベリア、ハギ、ムクゲ、サルスベリなど
    があります。
上記のように、基本的に花木の剪定は花後すぐに行えば花芽を失うことがありませんが、時には枝の更新など強剪定が必要となってきます。
各々の花木の剪定時期と注意点については、次項でご紹介します。

次ページでは、家庭で楽しむ花木として人気のある樹種について、各々の剪定時期と注意点についてお話します>>次ページへ