鉢植えで小さな庭やベランダでも楽しめる

庭におすすめの果樹

果樹は狭い庭では無理?

家庭菜園を楽しんでいるという方は、以前に比べてずいぶん増えたようですね。でも果樹となると、「植える場所がないから……」と尻込みされることが多いようです。果樹というと大きな庭にどっしりと腰をすえた柿や栗の大木、といったイメージが刷り込まれているせいでしょうか。
もちろんそういった立派な果樹も健在ですが、昨今の住宅事情にあった省スペースで栽培できるものもたくさんあります。鉢植えにしてベランダで楽しむこともできますから、チャレンジしてみましょう!
   

育てやすいおすすめの果樹の紹介

フルーツ
いろいろな果物がガーデニングでも楽しめる!
実のところ、普段スーパーで見かけるような果物のほとんどが家庭でも栽培は可能なのです。問題は、結実するまで管理ができるのか、なのです。
俗に「桃栗三年柿八年、梨のバカめは十八年(ユズは九年で成り下がる、など諸説あり)」などと歌われる果物栽培です。生育条件がシビアだったり、家庭では管理が難しいものももちろんあります。でも昨今は、育てやすく品種改良されたものや、植え付け後から結実までの期間が短くなるようあらかじめ育苗された苗木なども多く流通するようになりました。
次項からは、比較的育てやすく鉢植えにも向く果樹をご紹介しましょう。
 

ベリー類(ブルーベーリーなど)は等果樹ビギナーでも収穫できる

ジューンベリー
その名の通り、6月にたくさんの実をつける
果樹を育てるのは初めてという方には、ベリー類がおすすめです。
性質が丈夫で、あまり手を掛けなくても収穫が楽しめるところが魅力です。
おすすめベリー類の果樹は……
  • ジューンベリー(アメリカザイフリボク)
  • グーズベリー(西洋スグリ)
  • ハスカップ
  • ブルーベリー
  • マルベリー(桑)
  • ラズベリー
 
ブルーベリー
ブルーベリーは2本植えて
ブルーベリー以外は自家結実性があるので、一本で収穫可能です。ブルーベリーは、開花時期の合う別品種のものを2本植えましょう。
ラズベリーは地下茎を伸ばして、庭のそちこちから芽を出す旺盛さを持っているので、むしろ鉢植えの方が管理しやすい面もあります。
 

柑橘類(レモンなど)は低温に注意が必要

オレンジ
爽やかな柑橘類は、人気のある果物だけど
ミカンなどの柑橘類は、その爽やかな香りが好まれ人気のある果物です。
ただし柑橘類の中でも比較的耐寒性が強いとされるユズでも、最低耐寒温度は-5度くらい。冬に連日氷点下となる地域では、鉢植えにして低温に注意しながら管理しましょう。
鉢植えに向く柑橘類は……
  • キンカン
  • スダチ
  • ミカン
  • ユズ
  • レモン
 

耐寒性のある果樹はウメやリンゴ

リンゴ
耐寒性のある果物は?
では、逆に寒さに強い果物は……
  • ウメ
  • ブドウ
  • モモ
  • リンゴ
ウメも鉢植えで楽しめますが、受粉樹が必要です。 ヒメリンゴのアルプス乙女はビギナー向きですが、ウメ同様に受粉樹を。
ブドウの鉢植えは、行灯仕立てにしましょう。
 

こんな果物も栽培できる!

ザクロ
女性の味方、ザクロも庭で
スーパーなどではあまり取り扱われていないような果物も、ガーデニングで楽しむことができます。
例えば…
  • アケビ
  • アンズ
  • イチジク
  • グミ
  • ザクロ
  • サルナシ
  • サンザシ
などなど、他にもたくさんあります。

一口に果樹といっても、その種類は実に豊富です。その土地ならではの果物や新品種、珍しいものなども通信販売で入手することができるようになりました。
この機会に、お庭に果樹を取り入れてみませんか?
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。