ガイド記事【庭に木を植えるメリット】では、たとえ一本でも庭木を植えることでいろいろなメリットがあると言うことをお話しました。 今回は、庭の現状把握から植える木の選び方、そして木の植え方についてお話します。

あなたの庭の現状は?

庭木
今ある木、残します?それとも処分します?
まず、今現在あなたのお庭には木が植わっていますか?まったくの更地、これから庭を作るという方は、この項はサラリと読み流して次ページに進んでも結構です。
それ以外の方はきっと既に庭があって、何らかの木が植えられているという状態だと思いますが、さてその木は残して更に木を植えたいですか?それとも違う木に植え替えたいと思っているのでしょうか?

庭に木を植えたいと思ったとき、まずは自分の庭の現状を知っておく必要があります。 スペースに余裕があり、既存の木を残したまま新しい木を植えるというなら、次ページの樹種選びに進んでいただいてOKです。ただし、既存の植物との調和をとることは、頭に入れておきましょう。

既存の木を処分する場合

枝の整理
木を掘り上げる前に、枝を切り落としておく
さて、何らかの理由で今ある木を処分して、新しい木を植えたいという方は他の方よりも労力(もしくはお金)がかかってしまうことは覚悟しておきましょう。

【既存の木を処分する方法】
低木で幹も細い木なら女性でも自分で作業が可能です。まずは作業に邪魔な枝を剪定鋏で刈り込みます。 作業しやすい状態になったら、幹周りにスコップを突き立てて太い根(支持根)を切ります。根張りの大きさは、だいたい枝張りに比例すると考えていいでしょう。
根を切る掘り上げ
1.根張りの見当をつけて、スコップを立てて根を切る2.体重をかけてスコップを深く突き立て、掘りおこす
うまく根が切れていれば、あとはテコの原理でスコップを使い、掘りあげることができます。もし途中で木が動かなくなってしまったら、まだどこかの根が繋がっているのです。周囲の土を落として根を探り当て、剪定鋏などで切りましょう。

次に人の背丈くらいある木の場合、幹があまり太くないものであれば、少し時間はかかりますが上記と同じようにして掘りあげることができます。枝を落として主幹(中心の幹)も半分くらいに切り詰めておくと作業がしやすくなります。
木を掘りあげたら、土中に残った根もできるだけ取り除いておきましょう。次に植える植物の根張りを妨げずにすみますよ。

大きく育った木
やむを得ず処分する際は、木にも敬意を払いたい
問題は年数が経ち、背丈も幹周りもある木です。こうなるとノコギリを使っての作業も困難になってきます。力自慢の男手が数名確保できるなら何とかなるかもしれませんが……。一般家庭でチェーンソーを持っているお宅も珍しいでしょうし、根の処分も大変。となると、最終的には業者に依頼することになるでしょう。
その際は見積もり段階でどこからどこまでを依頼したいのか、つまり木の処分だけをお願いしたいのかその後の樹種選びや植樹まで依頼したいのか、内容をしっかり伝えておくことが後々のトラブルを防ぐことになります。

なお蛇足になりますが、古来より木には精霊が宿ると信じられています。成木を処分する際は、御神酒と塩を木の周囲にふりかけてお清めをしてから行うと良いでしょう。何となく申し訳ないような気持ちも落ち着くと思いますよ。

それでは、次ページでこれから植える木を選びましょう>>次ページへ