手は体の中でも最も老化のサインが現れやすいパーツ

手を見れば年齢が分かるというけれど……

手を見れば年齢が分かるというけれど……

普段は衣服に覆われていないため、いつも素の状態にさらされている“手”。水仕事などで酷使される部分でもあり乾燥を感じやすいので、ハンドクリームをこまめに塗ってケアしているという人も多いでしょう。

しかし、“手”が体の中でも最も老化のサインが現れやすいパーツであることは、意外と知られていないのではないでしょうか? 今回はまず、そんな事実を裏付ける興味深い調査データをご紹介します。

衝撃! 「手肌年齢」は実年齢+10歳以上!?

大手家庭用品メーカーのP&Gが、20代から50代までの主婦各10人・計40人の手肌の写真を109人の主婦に見せ、「それぞれ何歳の手に見えるか?」と質問しました。

すると、年代別平均では20代が実年齢「+6.26才」、30代が「+4.25才」、40代が「+1.48才」となり、いずれも実年齢より“老けた手”に見えるという驚きの結果に! 50代でようやく「-3.94才」と、実年齢より若く見える結果になったものの、とくに20代と30代は実年齢と「手肌年齢」の差が大きく、約3人に1人が「10歳以上も老けて見られた」とのこと。

ハンドケア

手は意外と見られています!

さらに、20~50代の主婦600名に「人と対面する時に相手の年齢を推測するために見てしまう」部位はどこかと尋ねたところ、1位は「顔」(89.9%)、2位は「手・指」(69.8%)、3位は「首」(58.8%)という結果に。

顔の老化のサインはメイクである程度カバーできても、手は目につきやすい上になかなかカバーがしにくい部分。せっかくフェイスケアやメイクを頑張っているのに、ハンドケアを怠ったせいで「思ったより年齢が上なのかな?」と思われてしまっては損ですよね。

さらに、手肌は顔の皮膚に比べて新陳代謝のスピードが遅いため、一度シミやシワといった老化のサインが現れると、なかなか元に戻すのが難しくなります。若々しさをキープするためにも、ハンドケアはしっかり行っておきたいところです!

>>次のページでは、日常生活で気をつけたいちょっとしたポイントやハンドクリームの効果的な塗り方をご紹介します。