PSVitaって何?

PSVitaの図

あまりに色んな機能があるため、一言で説明するのはすごく難しいんです。

ゲームライターという仕事をしていると、普段ゲームに関する質問を受けることがあります。その中で、最近増えてきてるのが「Vitaって何?」という質問。そこそこゲームに興味があって、PlayStationVita(以下PSVita)の存在は知っているものの、詳しく調べる程の情熱は無いので、ガイドのような何か知ってそうな人間にアバウトな質問を放り投げてくると、そういう人が時々いるんですね。

当然、PSPの後継機だという話をするわけですが、その次に来るのが「へー、で、Vitaって何が面白いの?」という質問。そこで、やや困ります。というのも、面白くなりそうなことはいっぱいあるんですが、たくさんの機能を並べ立てて話をしても、中々理解はされないでしょう。むこうもそんないい加減な質問をするぐらいですから、こまごまとした説明が欲しいのではなくて、分かりやすい解答がポーンと返ってくることを期待しているはずです。

PSVitaというハードは現時点において、一言でこういうハードであるという説明の仕方が非常に難しいハードです。しかしそれが、ソニーコンピュータエンタテインメント(以下SCE)のスタイルであるとも言えます。

完全武装のPSVita

PSVitaができることの図

全方向に対して完全武装状態のPSVita

PSVitaでSCEが何をするのか、何ができるのか、というのは一言ではとても説明できません。それぐらい、PSVitaは盛りだくさんです。

まず、性能が格段に上がりました。また、今まで無かった右側のアナログスティックが搭載されます。ファースト・パーソン・シューティングや、アクションアドベンチャーゲームなどが快適に遊べるようになり、PSPが弱かった海外市場を積極的に狙っていくことが考えられます。

通信機能もパワーアップしています。通信手段としてWi-Fiだけじゃなく3G搭載モデルが用意されました。オンラインでの対戦や協力プレイなどのサービスも積極的にされていくでしょう。Wi-Fiや3Gを使ってユーザーの位置情報を検出し、物理的に近くにいる人のお気に入りのゲームが分かったり、アイテムなどのデータ交換ができるnearというシステムもあります。

他にも、前面と背面の両方に装備されたタッチパッド、カメラを使ったAR機能、モーションセンサーだってついています。もちろん、音楽や動画、写真の鑑賞と管理、インターネットブラウジング、SkypeやTwitter、ニコニコ動画などのソーシャルネットワークサービスとの連携。ロンチタイトルにはパッケージゲームだけでなくブラウザ三国志などのソーシャルゲーム、本体にはファミリーを意識して簡単に操作が学びながら遊べるウェルカムパークを内蔵。挙げればきりがないのですが、本当にありとあらゆる方面に手を伸ばしている印象です。

問題は、こういった多彩な機能をまとめ上げる1つのコンセプトとは何か、という点です。