バギムーチョについて真剣に考えてみたいと思います

ドラクエ9の図

ドラゴンクエスト9で目にして、違和感を感じたという人がわりといるんじゃないかと思います。

25周年を記念して開催されたドラゴンクエスト展は大変な賑わいで、ファミリーマートで発売されたスライム肉まんも売切れ続出という今日この頃、唐突ですが、バギムーチョについて真剣に考えていただいてますでしょうか。そんな人は、きっとほとんどいませんよね。というか、バギムーチョって何? という方もいらっしゃるかもしれません。バギムーチョは、ドラゴンクエストシリーズ(以下ドラクエ)に登場する、真空の刃で攻撃するというバギ系の最高位にあたる呪文です。バギ、バギマ、バギクロス、バギムーチョですね。

ドラクエと言えばファミコン時代から続いている長寿シリーズタイトルですが、バギムーチョが登場したのはここ数年の作品です。この呪文を目にした時に、なんか違うというか、納得いかないというか、しっくりこない、そんなことを言う人達がいました。正直に言うと、ガイドもバギムーチョは、ドラクエの呪文としてはなんかあんまりピンときません。何故ピンとこないのか、ぽくないといいますか、らしくないといいますか、しかし論理的には説明できません。

趣味の違い、あるいはセンスの違いというような言葉で片付けてしまえる類のことではあるんですが、そういうことについてあえて小難しく検討してみるのもたまには面白いものです。というわけで今回は、バギムーチョについて真剣に考えてみたいと思います。

ハイコンテクストなゲーム業界

ハイコンテクストな図

ゲーム業界は、極めて複雑なゲームの文化をユーザーやメーカーが高度に共有している状況があります。

ハイコンテクストという言葉をご存知でしょうか。別にこれはドラクエの呪文ではありませんし、バギムーチョとの直接の関係はありません。しかし、この概念を使うと、バギムーチョがピンとこない正体が少し見えてきます。

これはエドワード・T・ホールという、アメリカの文化人類学者さんが提唱した概念で、コンテクストは背景、文脈、さらには文化が共有している価値や嗜好のことを言います。現代の日本的な表現に置き換えれば、空気というのが近いかもしません。空気読めの空気ですね。文化によってコンテクストには度合いがあると、このエドワード・Tホールさんはおっしゃっていて、高度にコンテクストを共有できている文化のことを指してハイコンテクストであると、こういうわけです。

この話をすると、日本というのはハイコンテクストな文化を持つ国だと言われることが多いのですが、その中でもゲームという文化は極めてハイコンテクストな文化であると言うことができます。

次は、ハイコンテクストという言葉で、ゲーム業界や、ドラクエについて説明してみたいと思います。