阿佐ヶ谷ベーグルから新高円寺アーネカフェとジージョベーカリーへ

gigio bakery(ジージョベーカリー)のパンが並ぶA-NE CAFE(アーネカフェ)入口

gigio bakery(ジージョベーカリー)のパンが並ぶA-NE CAFE(アーネカフェ)入口

パンの売り場

パンの売り場


東京メトロの新高円寺駅近く、五日市街道の始まる、あるいは終わるあたりにひっそりとOPENしていたアーネカフェとジージョベーカリー。
※アーネカフェは現在、閉店されています(2015年追記)

その名を聞いてピンとくるのは女性より駄洒落好きな男性のほうが多いそうですが、すぐにわからなくてもいずれはお察しの通り、ここは姉妹の経営するベーカリーカフェ。店名は落語好きの次女が命名しました。

姉の宮本麻紀さんがコーヒーを淹れ、サンドイッチを作り、お客さまの話相手を務めるカフェに、妹の早苗さんの焼くパンとお菓子が並んでいます。

各種サンドイッチ、焼き菓子コーナー

各種サンドイッチ、焼き菓子コーナー

カウンターの上にスコーンやマフィン

カウンターの上にスコーンやマフィン


店のオープンは2009年の春、それまで10年の間、姉妹は南阿佐ヶ谷で行列のできるベーカリーを営んでいました。と聞いてすぐにピンとくるあなたはパン好きさんです。人気店「ベーグル」をクローズした2ヵ月後、新高円寺にアーネカフェとして心機一転、カフェスペースも設けて、新しく生まれ変わったのです。

宮本麻紀さん。カフェで調理と接客担当

宮本麻紀さん。カフェで調理と接客担当