食欲の秋は、うつ病にご用心!

炭水化物を無性に欲しくなっていたら……? もしかしたら、うつ病の前兆かも知れませんよ!

食欲の秋。もしも、食卓に所狭しと、御馳走が並べられる、特別な日が来たとしたら……? 我を忘れたかのように、残らず食べ尽くしても、まあ、一時的に罪悪感を感じるかもしれませんが、特に問題は無いはず。しかし、慢性的な食欲亢進は、しばしば、心の不調を反映しています。

今回は、食欲増進時に、気をつけたい心の病気を詳しく解説します。

おなかが空いても、体に栄養が足りないとは限らないもの 

食欲は人間の本能の一つ。最後の食事から時間が経つに連れ、食欲は強まりますが、体に栄養が足りている時でも、衝動的に甘い物が欲しくなる事があります。

特に、ストレスが溜まっていると、甘い物への誘惑は強まるものです。イライラの後、チョコを一口、食べて、気持ちが、すーっとなる人は少なくないでしょう。実際、甘い物を食べると、気分が良くなります。甘い物が体内に入ると、その代謝物であるグルコース(フドウ糖)は、脳の栄養源となるだけで無く、脳内の報酬系を刺激して、気分を良くします。

もしも、甘い物が無性に欲しい時には、心の不調に要注意! 甘い物を渇望する背景には、慢性的な気分の落ち込みがあり、落ち込んだ気分を良くする為に、脳が甘い物を求めている可能性があります。

食欲増進時の、うつ病のサイン 

もしも、特に、おなかが空く要因が無いにも関わらず、甘いものや炭水化物類への欲求が強まっている場合には、以下のような症状は無いでしょうか?

  • 昼間の眠気が強い
  • 疲労感が強い
  • イライラしやすく、仕事や勉強に集中できない
  • 今まで楽しめていた事を楽しめない
以上の症状は、実は、うつ病のサインです。もしも、こうした症状が、ある一定期間、特に2週間以上、持続している場合、注意が必要です。もしも、こうした不調が原因で、家庭や職場など、日常生活に何らかの支障が生じている場合、心の不調が、うつ病のレベルに達している可能性があります。

自分は、うつ病とは無縁だと、油断しないで! 

もっとも、うつ病は、「もしかしたら、うつ病?」と、疑って掛からないと、なかなか気付かぬもの。もしも、「うつ病は気持ちの弱い人の病気だから、自分は無縁!」と、思われていたら要注意! うつ病は、脳内環境が悪化した為に生じる病気です。

また、うつ病の症状の発現は、個人差が大きく、上記のように、食欲が増進し、眠気が強くなるとは限りません。その反対に、食欲不振、不眠が出現する場合も多いです。いざ、うつ病にかかってしまった時、「うつ病かな?」と、疑えるように、うつ病の症状は、一つのパターンとは限らない事は、是非、頭の隅に置いておいて下さい。

うつ病へのアンテナは普段から高めておいて! 

うつ病の治療法には、病的に悪化した脳内環境を元に戻す為の、抗うつ薬を中心とする薬物療法や、うつ病の症状を悪化させている心理的問題に対処する為の、心理療法などがありますが、病気の予後を良好にする大原則は、できるだけ早期に治療を開始する事! もしもの際、「うつ病かな?」と、疑えるように、うつ病へのアンテナは普段から高めておきましょう。

また、秋は日増しに太陽の昇る時間が短くなっていきます。日照不足は脳内環境を悪化させ、うつ病を起こす事があり、秋は、うつ病に気を付けたい季節です。もしも、甘い物を無性に欲しくなっているだけで無く、ベッドで一日中、ゴロゴロしていたいほど、眠気が強くなっていたら、一見、これから冬篭りに入りそうですが、実は、脳内環境に問題が生じていて、うつ病に近くなっている可能性を、是非、ご留意ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項