へこみはDIYでは難しい! デントリペアがおススメ


クルマのキズ

キズやへこみは、どの程度まで自分で直さそうか、という見極めが大切

クルマに乗る上では、どんなに気を付けていても、うっかりとバンパーを擦ってしまったり、ボディをぶつけてへこませてしまうリスクは避けられません。そんなとき、誰しも真っ先に思うのが、何とか自分で目立たないように直すことができないか、ということではないでしょうか。

キズにしろ、へこみにしろ、突き詰めてゆけば、かなりのレベルまでDIYで補修することは可能です。極端なハナシ、素人が自分のクルマを直す分には、どれだけ時間を掛けてもいいわけですから、失敗したらやり直せばいいだけです。

そうはいっても、なるべく手間暇を掛けずに、きれいに直したいというのが人情というものでしょう。そんなときに必要になってくるのが、どこまでだったら自分で直せるか? という見極めです。

そこには、費用、時間、仕上がり具合、作業者の技術力など、様々な要素が関わってくるので、一概には決められない部分もあります。そこでここでは、個人的な意見として、これくらいならDIYでチャレンジしてみても良さそう、という見極めのポイントについて紹介します。

まず、ボディ外板など、金属部分のへこみについてですが、これは基本的にDIYでの修復は避けた方がいでしょう。へこみを本格的に修理するためには、へこんだ部分を叩き出し、パテで面を修正し、塗装を行う本格的な板金塗装作業を行う必要があり、素人レベルでは相当にハードルが高い作業となるからです。

表面の塗装が割れたり、傷ついていないようなへこみであれば、デントリペアと呼ばれる特殊な補修方法によって、再塗装を行わずにほとんどわからないレベルにまで修復できる可能性がありますから、まずはデントリペアを行っている業者に相談してみるのがおススメです。

バンパーなど、樹脂素材のパーツについても、やはりへこみをDIYで修理するのは難しいです。逆にそうした部分は、部品を丸ごと交換してしまった方が、かえって安く直せることがありますので、修理を依頼する際は、そのあたりも含めて相談してみるといいでしょう。

次ページでは、擦りキズの修復について紹介します。