ヴァン クリーフ&アーペルの代名詞とも呼ばれる「アルハンブラ」コレクション。現代においても働く女性の憧れジュエリーとして君臨してきたアルハンブラは、1968年、四つ葉のクローバーをモチーフとして誕生しました。

アルハンブラという名前は、同じく四つ葉のデザインを建築に取り入れたアルハンブラ宮殿から名付けられたもの。一番最初に誕生したジュエリーは、シンプルなイエローゴールドのロングネックレスとイヤクリップでした。その後アルハンブラはカラフルな色を楽しみたい「ヴィンテージ アルハンブラ」やさまざまなラッキーモチーフをあしらった「ラッキー アルハンブラ」など、多くのバリエーション生み出したのです。

ヴィンテージ アルハンブラ

「「ヴィンテージ アルハンブラ」ペンダント  イエローゴールド×カーネリアン、24万1500円


写真はカーネリアンを用いた「ヴィンテージ アルハンブラ」のペンダント。究極のシンプルフォルムが見せる美しさに、鮮やかな色をあしらうことで豊かな表情が生み出されています。

ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーは、幻想的な物語や生命の一瞬をとらえたハイジュエリーの世界を例に、しばしば「ポエティック」という言葉とともに語られます。アルハンブラが愛され続けている理由は、どんなスタイルにもよく似合う高いファッション性に加えて、世の女性たちが“幸せ”の形をアルハンブラに垣間見たからかもしれません。胸に宿る愛らしくも可憐なクローバーモチーフは、身に着けるだけできっと心に温かな光を灯してくれることでしょう。

■問い合わせ
ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク
Tel.0570-00-8202
http://www.vancleef-arpels.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。