アルゼンチンから足を伸ばして南極へ

南極大陸にもっとも近い国はどこだか知っていますか? 実は、南米アルゼンチンなんです。アルゼンチンからは、南極へ行くツアーがたくさん出ているため、アルゼンチンを訪れる観光客も少なくありません。ここでは、南極大陸への旅をご案内します。

南極の基本情報

南極ではペンギンの愛らしい姿に出会うことが出来るundefined写真提供:岡部能直

南極ではペンギンの愛らしい姿に出会うことが出来る 写真提供:Yoshinao Okabe

南極はご存じの通り、地球の最南端に位置する地域。一年を通して氷に包まれた氷点下の世界が広がります。そんな場所へわざわざ観光?なんて思うかもしれませんが、実はけっこう人気で、ツアーもあっという間に完売してしまうほど。

氷河や氷山などの絶景、ペンギンやアザラシといった野生動物、南極基地の生活など、日常触れることのない様々な風景を見ることができる神秘的な旅。ぜひ、アルゼンチンから足を伸ばして、南へと向かってみましょう。

南極へのアクセス方法

氷河観光も南極旅行のハイライトのひとつundefined写真提供:岡部能直

氷河観光も南極旅行のハイライトのひとつ 写真提供:Yoshinao Okabe

南極へは、オーストラリアニュージーランド、チリなどからも訪れることもできますが、もっともよく利用されるのはアルゼンチンからのツアー。南極大陸から角のように飛び出している南極半島は、南米大陸から1000km程度。比較的行きやすくツアーの多い南極半島周辺は、見どころも豊富な地域です。

南極観光の拠点となるのは、アルゼンチン最南端の都市ウシュアイア。ここからは数多くの南極ツアーが出ていて、夏のシーズン中には数多くの船が港を出入りします。また、まれにブエノスアイレスからマルビナス諸島(フォークランド諸島)を経由して南極へ向かうツアーもあります

ウシュアイアまでは、ブエノスアイレスから国内線飛行機で飛ぶのが一般的。この路線も混み合うので早めに予約しておきましょう。ブエノスアイレスからウシュアイアまでは、3時間半~4時間程度。長距離バスを乗り継ぐ行き方もありますが、数日かかってしまうためよほど時間のある長期旅行者以外は厳しいでしょう。

南極へは、基本的に単独行動はできません。必ずクルーズなどのツアーに参加する形になります。南極自体はビザなどは必要ありませんが、環境省への届け出が必要となります。詳細は旅行代理店に問い合わせしてみましょう。