一人暮らしを楽しむなら、人を呼べる部屋にするのがいい

バスルーム

バスルームも清潔でシンプル。余計なものがなく、ゆったりとバスタイムを楽しめそうです。

一人暮らしの楽しみは「人を家に招いて、一緒に食事やお茶を楽しむこと」というあいみさん。彼女が整理収納アドバイザーの資格を取得しようと考えたのも、「友人にホームパーティをすすめても『部屋が汚くて無理』って言うんです。だったら、私が片付けの技術を身につけて、人を呼べる部屋にしてあげたい」と考えたからなのだそうです。

東日本大震災が起こったあとも「私のところは大丈夫だったんですが、友達の家が計画停電のエリアに入っていたので、『うちにおいで』と声をかけました。友達と一緒に過ごすことで私も安心できたので、すぐに人を呼べる部屋でよかったなぁ、と思いました」と、一人暮らしでも人とのつながりがあることが、いざというときの支えになります。

あいみさんは「人を家に招くというのは、究極の自己開示」と言います。「お部屋には、自分が何を考えて、選んで、何を大切にして生きているのかという価値観と、日々の暮らしぶりがそのまま現れます。それを人に見せてもいい自分になれると、人とのつながりも深くなり、一人暮らしもますます楽しめるようになると思います」と話してくれました。




【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。