毛髪・頭皮の光老化を防ぐ方法

曇りや雨の日も、紫外線は降り注いでいます!undefined油断は禁物

曇りや雨の日も、紫外線は降り注いでいます! 油断は禁物

髪と頭皮に悪影響を与え、抜け毛・薄毛・白髪の原因となりうる紫外線。光老化を防ぐには、次のような対策がおすすめです。浴びた紫外線は細胞内に蓄積されますから、若いうちから始めましょう。

UVカット効果のあるトリートメントを使う

毛髪や頭皮の日焼けを防ぐには、UVカット効果のあるトリートメントを使うとよいでしょう。スプレータイプの洗い流さないトリートメントならば、出かける前にさっと使え、紫外線を防ぎながらツヤ髪にもなれるので、おすすめです。毛髪につけることで、頭皮の日焼けも防いでくれます。

帽子、日傘を使う

帽子をかぶったり、日傘を差したりすることで、紫外線から髪と頭皮を守ることができます。紫外線をほとんど通さない「黒」や、UVカット機能を備えた商品が特におすすめです。

紫外線が強い時間帯に出かけない

気温が高くなる14:00ごろに紫外線も一番強い、というイメージがあるかもしれませんが、実は大きな間違い。測定したところ、紫外線の放射量が一番多い時間は11:00~12:00という結果になりました。特に注意してください。可能であれば、紫外線が強い時間の前後(10:00~14:00ごろ)の外出は控えるようにしましょう。

また、1年のうちに紫外線量が多いのは、5、7、8月。その時期は特に紫外線対策が必要ですが、できれば1年を通して紫外線対策をしたほうがよいでしょう。

曇りの「うっかり日焼け」に注意

曇っている日は、「今日は紫外線対策しなくても大丈夫かな?」と安心していませんか。実は、曇りの日も雨の日も紫外線は降り注いでいます。快晴の日の紫外線量を100とすると、晴れは95、薄曇りは90、曇りは58、雨は38となります。曇っている日は「うっかり日焼け」、つまり紫外線の悪影響を受けやすい日ということ。曇りや雨だから……と安心しないで、紫外線対策を怠らないでください。

お肌の紫外線対策と同じように、髪と頭皮も紫外線対策が大切なことがおわかりいただけたでしょうか? 紫外線のダメージは細胞内に蓄積されますので、さっそく今日から紫外線対策をはじめましょう!

【関連記事】
謎だった白髪の原因が解明!予防・治療に道すじが
女性の頭皮の日焼けが抜け毛の原因に!?
後回しにしない!女性の髪と頭皮の日焼けケア
髪の日焼けにご注意!女性の髪も徹底UV対策
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。