睡眠薬について(処方せん薬)

眠れない悩み、とても辛いですよね。眠れない理由によって、解決方法が色々あると思いますが、ここでは処方せんが必要な睡眠薬について、ご紹介します。
fumin

睡眠薬は症状にあったものを使いましょう。



※なお、薬局、ドラッグストアで購入できる一般用医薬品(OTC医薬品)として、睡眠改善薬が売られています。(成分名:ジフェンヒドラミン塩酸塩(抗ヒスタミン薬))

まず、眠れない理由について簡単に触れてみます。
  • 眠る環境が変わったり、高齢になることで起こる不眠
  • 精神的なストレスなどによる不眠
  • 病気が関係する不眠 (例えば むずむず足(レストレスレッグス)症候群、体の痛みや、アトピー性皮膚炎などのかゆみ、咳、トイレが近くて起きてしまうなどによる不眠)
  • アルコールによる不眠
  • 薬の副作用などによる不眠
  • 睡眠時無呼吸性症候群
逆に、眠れているような気がするが、いくら寝ても眠気が取れない、朝起きれない、だるい・疲れやすいというケースもあります。眠れているのに眠い、だるいという症状の場合は、また別の疾患等が考えられる場合がありますので、医師に相談しましょう。 

不眠のタイプ

上記をふまえて、不眠のタイプは以下の4つに分けられます。
  • 入眠障害……なかなか寝付けない。寝付きが悪い
  • 中途覚醒……寝れても、夜中に目が覚めてしまう。さらにそこから寝付けない
  • 早朝覚醒……朝早く、まだ起きる時間ではないのに眼が覚めてしまう
  • 熟眠障害……ぐっすり眠れた感じがしない
この4つの症状は、1つだけではなく組み合わさって起きることもあります。

睡眠薬の種類

睡眠薬には、その作用時間の違いから超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型に分けられます。

■ 超短時間型 (括弧内は成分名)
  • ゾルピデム(マイスリー)(15~60)
  • ゾピクロン(アモバン)(15~30)
  • トリアゾラム(ハルシオン)(20~30)
■ 短時間型
  • ブロチゾラム(レンドルミン)(15~30)
  • ロルメタザパム(ロラメット、エバミール)(15~30)
  • リルマザホン(リスミー)(30~60)
■ 中時間型
  • フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース)(30)
  • ニトラゼパム(ベンザリン、ネルボン)(15~45)
  • エスタゾラム(ユーロジン)(15~30)
■ 長時間型
  • クアゼパム(ドラール)(15~60)
  • フルラゼパム(ダルメート、ベノジール)(15)

睡眠薬の正しい使い方

症状や基礎疾患などから医師が判断し異なることもありますが、一般的には、以下のように用いられます。

■ 超短時間型、短時間型 
  • 慢性的ではなく、一過性に不眠を感じる
  • なかなか寝付けない、寝付きが悪い
効果が短いので、寝始めの時に効果があり、3~4時間ぐらいで効果が和らぐので、目覚めが良いという特徴もあるようです。

■ 中間型、長時間型
  • 寝ても途中で目が覚めてしまう、一度眼が覚めると目がさえてしまいなかなか寝付けない
  • 早朝に目が覚めてしまい、寝たいのになかなか寝付けない
  • ぐっすり眠れない 寝た気がしない
効果が長めなので、短時間型を使って朝方に目が覚めてしまう人などは、こちらに変更する場合もあります。睡眠時間が短いと、起きるのが辛い、起きてもボーっとしてしまう人もいるようです。

睡眠薬服用時の注意事項・副作用

飲んで少し経っても眠くないからといって、もう1錠飲んだり、お酒を飲んだりすることは絶対に避けてください。徐々に眠くなるのではなく、30分ぐらいで突然眠くなることもあります。さらに、薬が効いてからは記憶があいまいになることもありますので、服用したらすぐに寝てくださいね。

睡眠薬を長期間服用して、自己判断で突然中止することは避けてください。逆に不眠が悪化したり、不安の症状などが現れる事があります。医師の指示に従い、徐々に薬を減らしていきましょう。

※クアゼパム(ドラール)は、血中濃度が上がり過ぎる事がありますので、食後の服用は避けて空腹時に飲んでください。

その他、副作用として、のどが渇いたり、ふらつき、めまい、だるさ、血圧への影響などがあります。おかしいなと感じたり、副作用が酷く現れた場合には、直ぐに医師に相談してくださいね。

睡眠薬は、症状に合わせて医師の指示に従い適切に服用することが肝心です。不明な事、不安な事がありましたら医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

参考資料
  • 治療薬 UP-TO-DATE2011 メディカルレビュー社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項