ここ数年、ガイドの周辺では37歳~43歳前後の男女の結婚が目につきます。アラフォー友人の結婚式の二次会の幹事を依頼されるたびに「アラフォー」の成婚ポテンシャルの高さに驚きます。

彼らには「年齢も年齢だし」と言った焦りはなく、“期が熟したので自然に結婚した”という余裕すらうかがわれます。今回は「アラフォー結婚」を成し得た彼らにはいったい“どのような共通点”があるのかを、レポートしてみたいと思います。アラフォの皆様に参考にして頂けましたら幸いです。

昔からなんとなく顔ぐらいは知っている同士である。

アラフォー

アラフォは第二の結婚ラッシュである!



昔からなんとなく存在は知っていて、最近になってあらためて交流が深まり「あ、こんなに素敵で、ウマが合う人だったんだ!」という気付きから交際、そして結婚に至るケースが見受けられます。社内の顔見知り、学生時代からの知人、これまで恋愛をいっさい意識しなかった悪友、随分昔に付き合っていた交際相手と“親密にコミュニケーションする機会”ができ急接近するパターンです。周囲が結婚してしまった結果、互いを独身の男と女として見たり「夫婦だったら?」という“たら?れば?”で考えた成果とも言えるでしょう。同窓会や共通の知人の結婚式がきっかけになることもあります。互いに背景も知っていることからの安心感も背中を押してくれます。(次ページに続く)