【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

大人ならではの“結婚相手の新基準”とは?

アラフォーになったら、“結婚相手の新基準”を持とう!

アラフォーになったら、“結婚相手の新基準”を持とう!

歳を重ねれば重ねるほど、人に対して目が肥える分、結婚相手に対して色々な条件を持ちがちですが、その反面、自分自身は婚活市場において「条件のよくない人」になっていくもの。
そのままでは需要と供給が一致しないまま、歳をとり、出会いがますます減ってしまうかもしれません。

もしあなたが、40歳以上の女性で結婚願望がある場合は、そろそろ大人ならではの“結婚相手の新基準”を持ちませんか?

ただし、その新基準は、持とうと思っても“大人でなければ持てない基準”とも言えます。大人であれば持っていた方がいい“ある条件”をクリアしている人にしか当てはまりにくい基準でもあり、その条件をクリアしていない人は、この基準を持っても幸せにはなれないかもしれないからです。

その“ある条件”は何か?というと、それは、「経済的にも精神的にも、自立していること」です。
でも経済的な自立といっても、どれだけ稼いでいなくてはいけないか?なんてことが重要ではなく、今後もどうにかすれば1人でも生きていけるくらいに「生活力がある」ということです。逆に、どんなに大金を稼いでいても、稼ぐお金以上に使ってしまう人は、今後歳を重ね、今までのように働けなくなってくるときには生活が厳しくなってくるかもしれません。そういう人は生活力があるとは言いにくいでしょう。

厳しいことを言うようですが、やはりアラフォーであれば、自立をしていないとパートナーに選ばれにくくなってきます。歳を重ね、若さがなくなってくる分、「若い人にはない魅力=大人の成熟」が必要となってくるからです。歳を重ねても、パートナーに依存する気満々の子供っぽい人は、“40歳以上の大人のパートナー”を求める人には選ばれにくくなってしまうのです。

20代、30代とは違って、「結婚する」ことの意味合いも随分変わってきます。子供を産み育てるという可能性が減ってくるので、若い世代のように「家族を作っていく」という形よりも、「人生の後半を共に生きていくパートナーを作る」という形に変えていく必要があります。

大人になったら、現実を見ないといけません。でもそれは、「もう若くないのだから、諦めろ。悲観的になれ!」と言っているのではなく、そうなることこそが“大人の成熟”なのです。若さなど、失ったものばかりに執着するのではなく、今、自分があるもの、できることをポジティブに見られる目が必要なのです。

20代、30代の結婚観の素敵なところもあれば、40代以上の人が持つべき結婚観にも魅力的なところはたくさんあります。大人ならではの時間の過ごし方ができますしね。ただし、そう思えるようになるためには、まずは自分が精神的に大人にならないと難しいでしょう。

少し前置きが長くなりましたが、では、40代以上の人が持つべき“結婚相手の新基準”とは何でしょうか?次のページで紹介します。