梅雨で髪爆発……女性のくせ毛にどう対処する?

梅雨時期、クセ毛の女性の悩みは髪の爆発!

梅雨時期、くせ毛の女性の悩みは髪の爆発!

ただでさえ、まとまらないくせ毛。梅雨に入るとうねりが強くなって、余計にまとまらない──そんな悩みを抱える女性は多いと思います。梅雨時期に、どうしてくせ毛のうねりが強くなってしまうのでしょうか。その原因を知って、梅雨時期のくせ毛の悩みを解消しましょう!
 

くせ毛のうねりの原因は水分量

なぜ梅雨時期に、くせ毛のうねりが強くなってしまうのでしょうか。毛髪は、外部からの水分(=浸透水)を髪の内部に保持しています。健康な毛髪の場合、水分量は7~11%に保たれていて、適温でドライヤーをかけても外部に流出することはありません。しかし、健康な毛髪は最大35%まで水分を保持することができ、湿度が高くなると毛髪は必要以上の水分を吸収してしまいます。それによって、髪が膨潤してうねりが強くなる、というわけです。
ダメージヘアの膨潤のしくみundefined(1)キューティクルがはがれた部分から水分が入り込むundefined(2)水分が入った部分が膨潤して髪がうねる

ダメージヘアの膨潤のしくみ (1)キューティクルがはがれた部分から水分が入り込む (2)水分が入った部分が膨潤して髪がうねる

問題なのは、毛髪がダメージを受けている場合。ダメージヘアは、毛髪の表面を覆っているキューティクルがはがれているので、水分が内部に浸透しやすい状態になっています。その場合、最大68%の水分が入り込むといわれており、健康な毛髪よりもさらに膨潤がひどくなります。

水分をたっぷり含んだ毛髪は、力をかけると1.5倍も伸びるとされています。伸びた髪は細くなり、枝毛・切れ毛になりやすく、ダメージがさらにひどくなってしまいますので、注意が必要です。

また、ダメージヘアは、水分を含みやすいだけでなく、水分を放出しやすいという性質があります。つまり、適切な水分量を保つことができない、ということ。適切なブローや日焼けなどで乾燥しやすいため、ダメージが進んでしまいます。

くせ毛はダメージヘアになりやすい

くせ毛は、ウェーブしている外側の部分がブラッシングやブローの熱などでダメージを受けやすく、ダメージヘアがひどくなる傾向があります。くせ毛の女性は、ストレートパーマや縮毛矯正を繰り返し、同時にダメージヘアにも悩んでいる方が多いようです。そのため、湿気でうねりが増長し、さらにまとまらなくなってしまう、というわけです。

くせ毛になる原因には、先天的なものと後天的なものがあります。先天的とは、いわゆる遺伝や民族によるものを指し、「直毛よりも念入りに! “くせ毛”解消ケア」でも紹介したように、日本人の毛髪は92%が先天的には直毛である、と言われています。後天的とは、髪にダメージを与える間違ったヘアケアや頭皮ケア、女性ホルモンバランスの乱れなどが原因で、くせ毛になってしまうことを指します。

加齢による頭皮のたるみでくせ毛が増える!?

上記以外に、加齢もくせ毛を生み出す原因となっているのをご存じでしょうか。30代、40代になって「くせ毛が増えた気がする」「くせが強くなった」と感じる女性は少なくありません。
クセ毛発生のメカニズム

くせ毛発生のメカニズム

くせ毛は、頭皮の内部にある毛髪を生み出す毛包が曲がり、髪の毛が頭皮の表面に出てくる時に曲がった毛包を通ることで、髪の断面が美しい円にならないため曲がった髪が生まれてきます。毛包が曲がってしまうのは、年々、顔や頭皮の筋力が落ち、重力に負けて、前頭部や頭頂部の頭皮が薄くなったり、硬くなったりするせいです。

つまり、正しいヘアケアと頭皮ケアを行って頭皮のたるみを予防することで、後天的なくせ毛は減らせる、というわけです。くせ毛が減れば、梅雨時期の髪の爆発も多少は軽減されることと思います。

次ページでは、ダメージヘアと後天的なくせ毛を増やさないためのヘアケア・頭皮ケアを紹介。