わき腹を鍛えて、ディテールにこだわったボディを目指そう

わき腹

スタイリッシュなカラダになりたいなら、鍛えるべきは断然わき腹。引き締まったウエストで洋服をさっそうと着こなすことができるはず

基礎編でもお伝えしたように、腹筋を鍛える際、注目すべきは下腹やわき腹です。なぜなら、下腹やわき腹の筋肉を引き締めると、ベルトの上やズボンのわきからはみ出すぜい肉がなくなり、スタイリッシュな体になることができるからです。というわけで、腹筋のトレーニング~中級編~の今回は、わき腹を鍛えるトレーニングをご紹介していきます。

実際にトレーニングを始める前に、まずはわき腹を支える筋肉について知っておきましょう。わき腹を支えているのは、腹斜筋(ふくしゃきん)という筋肉。腹斜筋は、表面にある外腹斜筋と、深層部の内腹斜筋の2種類から構成され、ろっ骨あたりの体側から骨盤にかけて、斜めに走っています。この筋肉はいわゆるくびれを作る筋肉で、ここを鍛えることでわきからはみ出すぽっこり肉をなくすことができるのです。

くびれ、というと女性だけのものと思いがちですが、実はそんなことはありません。男女問わず、スタイリッシュな体になるために欠かせないポイントなのです。くびれができるということは、すなわちウエストが細くなるということ。しっかりトレーニングをして引き締めた細い腰は、体に厚みがあるものの、前後から見ると引き締まって見える——つまり、細いけれど筋肉はしっかりついている「細マッチョ」なカラダになることができるのです。

また、腹斜筋は内臓を正しい位置に固定するコルセットの役目も果たしているため、鍛え上げていけば、わき腹だけでなく、内蔵下垂による下腹のぽっこりも解消されていくことでしょう。体全体のシルエットは意識しつつ、ディテールにもこだわる男性にとって、わき腹のトレーニングは非常におすすめです。


そこで次のページからご紹介するエクササイズを基礎編のトレーニングにプラスして、まずは2週間続けてみてください。きっと、ボディラインが変わることを実感できるはずです。