おすすめスナック、チップスとトスティートス

chips

おすすめします!ハラペーニョ味のポテトチップス

メキシコ人はチレをまぶした辛いお菓子が大好き。スナックやナッツはもちろん、ドライフルーツやキャンディー、グミまでチレパウダーたっぷりまぶしたものがいっぱい!しかし、メキシコ人たちにとってやみつきとは言え、日本人にとっては好みが別れるものも少なくありません……。ウケを狙うのにはいいけど、すべての人に喜ばれるお土産かと言うと微妙なところ。

トスティートスのサルサ・ベルデ味

トスティートスのサルサ・ベルデ味


そんななか、ガイドが自信をもって日本人におすすめできる2つのスナックを紹介します。ひとつは、Barcel(バルセル)社のChips(チップス)ハラペーニョ味(38メキシコぺソ~)。歯ごたえのいい、ケトルタイブのポテトチップで、ハラペーニョの辛味が絶妙。

もうひとつは、Fritolay (フリトレー)社のトルティージャチップ、Tostitos(トスティートス)のサルサ・ベルデ味(22メキシコペソ~)。グリーントマトの爽やかな味と、ほんのりとした辛みがクセになります。

濃厚なヤギのミルク味、カヘタのお菓子

glorias

カヘタを使ったクルミ入り生キャラメル、グロリアス

メキシコのケーキやゼリーにもよく使われているのが、ヤギの濃厚なミルクをキャラメル状にした、カヘタ。スーパーにも、キャンディーやキャラメルなどカヘタを使ったお菓子があります。そのなかでも、カヘタに胡桃をあえたヌガーのようなお菓子Gloria(グロリア)が美味しい。
カヘタを使ったお菓子。グロリアスのほかに、カヘタをウエハースで挟んだものも美味

カヘタを使ったお菓子。グロリアスのほかに、カヘタをウエハースで挟んだものも美味


Las sevillanas(ラス・セビジャナス)という銘柄のものが有名で、袋入りで6、7個入ったものが60メキシコぺソくらいで売っています。