アロー(矢羽)クリップは信頼性の証し

マッカーサー総司令官が太平洋戦争終結文書に署名する際にもパーカーの万年筆が使用された

マッカーサー総司令官が太平洋戦争終結文書に署名する際にもパーカーの万年筆が使用された

「優れたペンを作り上げること」。それが創業者、ジョージ・サッフォード・パーカーの唯一の望みだった。そして、初の特許モデルである「ラッキー・カーブ・ペン」を引っ提げて1888年に創業すると、万年筆の恒常的な問題であったインク漏れを解決したということで高い評価を獲得。冒頭のシンプルな哲学を脈々と受け継ぎつつ、歴史的な出来事とも絡み合いながら発展していく。

代表的な例は1945年の太平洋戦争終結。ミズーリ号の甲板上で交わされた調印の際、マッカーサー総司令官は妻から贈られたパーカーの「デュオフォールド オレンジ」で署名している。また、1991年に行われたロナルド・レーガン大統領図書館のオープン記念式典では、5人の歴代アメリカ合衆国大統領の平和貢献に敬意を表した特別なボールペンを製作。さらに1992年には、アメリカとロシアの間で締結された第二次戦略兵器削減条約(START 2)の予備条約調印の際に、ブッシュとエリツィンの両大統領が「デュオフォールド オレンジ」を使用している。

その一方、1962年に「英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)」に認定されるなど、“世界でもっとも愛されるペン”と称される出来栄えに偽りはない。ちなみにブランドのアイコンであるアロー(矢羽)クリップは、行動力や方向性を示す力の具現化。道標であり、新たな可能性へ挑戦する人を応援する筆記具であることを示している。


次のページでは、ブランドの代表的モデルも紹介する。