9月の終わり、日本初上陸となる手帳の発表会があるというお知らせをいただいた。「初もの」にめっぽう弱い私は早速行ってみることにした。

会場は、虎ノ門にある東京倶楽部。ホテルオークラ、スウェーデン大使館などが建ち並ぶ一角にその建物はあった。126年もの歴史がある施設で、厳格な会員制になっており、おいそれとは入れない威厳が門の前からも漂っている。実際、今回のパーティーでも、こうしたステーショナリーのパーティでは珍しく、参加者はスーツ&ネクタイ着用と決められていた。

これまでにない手帳

今回発表されていたのは、「BTDT」という手帳。

BTDT

旅を楽しくしてくれる手帳「BTDT」

「BTDT」は、"Been There Done That"の略で、「そこに行ったことはある、それやったことがある」という英語では、よくよく使う言い回しだそうだ。
BTDT

「行ったことがある。やったことがある」という意味の「BTDT」

この手帳を企画したのはハリーチェン氏。ハリーさんは、ヴァージングループ、そしてダイソンの日本市場進出のマーケティングに携わった実績があり、現在はインドと日本の間の貿易などを行い、日々世界中を飛び回っているという方。

ハリーさんいわく、自分がこれまで行った国の記録を見るには、パスポートの出入国のスタンプを見るしかなかった。

しかし、それはあくまでも自分が行った国の情報だけであって、どの都市に行き、そこでなにを見たかといった詳細についての記録はない。また、これからどこの国を旅しようかと考えることもできない。

仕事でもプライベートでも海外旅行をよくするハリーさんは、そうした手帳を探してみたが、どうしても見つけることができなかった。

ならばと、自ら作ろうと考え、10年という歳月をかけて、旅を愛する人たちの手帳「BTDT」は生まれた。英語版はロンドン、シンガポールなどで発売され、今回日本語版も同時にリリースされることになった。

次のページでは気になる中身をご紹介します。