信者ではなくてもOK!

チャペル結婚式

ホテルや式場内で教会を利用する場合は、キリスト教式がほとんどです

日本で今最も多く行われているのは、キリスト教式の挙式。ホテルや式場内のチャペルを利用されるのが手軽で一般的です。

また宗教に関係なく参列できるのがいいですね。そして親族以外の友人、知人など多くの人たちが見守る前で、誓いの言葉を交わすことができるのも大きな魅力です。

プロテスタントとカトリックの違いは?

チャペル結婚式といっても、宗派の違うプロテスタントとカトリックでは少し内容が違ってきます。信者ではなくても教会で挙げられるなら、その違いは知っておくべきだと思います。ここでは簡単にまとめていますので、ご了承ください。
  • カトリック
信者でないものは挙式を認めないところも多く、挙式前の「結婚講座」や礼拝への参加が義務づけられていることもあります。そしてどちらかというと、プロテスタントよりも規律が少し厳しい面です。離婚は認めませんので、死別以外の再婚の挙式はNG。

挙式では、司祭は「神父」と呼ばれ、歌は「聖歌」。そしてヴァージンロードの色は「真紅」か「緑色(憧れの純白ではありませんので気をつけること)」です。
  • プロテスタント
信者以外でも理由によっては、受け入れてもらえる場合があります。またホテルや式場内に設けられているチャペルでは、プロテスタント式が一般的となっているようです。

挙式では、司祭は「牧師」と呼ばれ、歌は「賛美歌」。そしてヴァージンロードの色は「純白」。

次はチャペル結婚式を盛り上げる演出をご紹介 >>