似合う色とは、あなたの魅力を引き出し、きれいに見せる色のこと。肌を美しく見せることも、似合う色の条件のひとつです。そこで今回は、パーソナルカラーの4つの基本タイプ別に、差し色をプラスして苦手色を克服する配色テクニックをご紹介します。

ご自分のタイプがわからない方は、 記事「20秒で診断!パーソナルカラー診断」をお試しください!似合う色選びの指針となる4つの基本タイプをご紹介しています。

【CONTENTS】
Page1:くすんだ色、暗い色が苦手なスプリングタイプ
Page2:はっきりした主張の強い色が苦手なサマータイプ
Page3:明るく澄んだ色、青みの強い色が苦手なオータムタイプ
Page4:くすんだ色、黄みの強い色が苦手なウインタータイプ

くすんだ色、暗い色が苦手なスプリングタイプ

スプリングタイプの方は、カラフルな春の花々や、みずみずしい新緑を思わせる色がよくお似合いになります。フルーツのようなイエローやオレンジ、澄んだグリーン系など、フレッシュな印象のある、どちらかというと派手な色を上手に着こなす方が多いようです。

【参考記事】
パーソナルカラー診断スプリングタイプ

■アイボリーを差し色に
スプリングタイプの方は、スモーキーブルーのようなくすんだ色、ディープローズのような青みの強いブルーベースの色、オリーブグリーンのような濃く暗い色は、顔色がくすんで不健康に見えがちです。

スプリングタイプの方は、スモーキーブルーのようなくすんだ色、ディープローズのような青みの強いブルーベースの色、オリーブグリーンのような濃く暗い色は、顔色がくすんで不健康に見えがちです。

反対に、スモーキーブルーのようなくすんだ色、ディープローズのような青みの強いブルーベースの色、オリーブグリーンのような濃く暗い色は、顔色がくすんで不健康に見えがち。しかし、アイボリーのような黄みがかった白を差し色にすると、肌色の透明感がアップしたように見えるでしょう。

■明るく澄んだ色を差し色に
スモーキーブルーにケンブリッジブルー、オリーブグリーンにキャロットオレンジ、ディープローズにコーラルピンクの組み合わせ。肌の色がワントーンアップしたように見えます。

スモーキーブルーにケンブリッジブルー、オリーブグリーンにキャロットオレンジ、ディープローズにコーラルピンクの組み合わせ。肌の色がワントーンアップしたように見えます。

上の図は、スモーキーブルーにケンブリッジブルー、オリーブグリーンにキャロットオレンジ、ディープローズにコーラルピンクを組み合わせてみました。肌の色がワントーンアップしたように見えるでしょう。

このように苦手色も配色によって印象が違ってみえます。インナーやスカーフなどコーディネートを工夫したり、あるいはハンドメイドで襟ぐりに似合う色を取り入れたり、工夫してみてはいかがでしょうか?

※肌の色は人それぞれ異なります。肌色の色見本は参考例としてご活用ください。

次は、はっきりした主張の強い色が苦手なサマータイプを見ていきましょう。