ジグソーの使い方

刃

ブレードが動いてから切り始めます

ちょっとしたお花型を切ってみましょう。曲線切りから直線までいろんな形が切れるのがジグソーの面白いところです。

まず材料をしっかりと固定しましょう。クランプなどの固定具で材料が動かないようにしっかりとめてください。それからベースを材料に乗せ、材料から少し離してスイッチを入れブレードを動かします。それから材料を切りこみ、ゆっくりと線をみながら切っていきましょう。

クランプ

線を見ながらゆっくり切りこんでいきます

ジグソーと使う時は材料の下には手を入れないよう気をつけてください。コードも切らないように注意しましょう。途中で止めて、刃を抜くこともできます。スイッチを止めてもしばらくブレードは動いているので、目を離さないようにしてください。

 

切る

角に向かって切り込んでいきます

糸鋸ほど細かい形を切るのは難しいですが、曲線用の細い刃をつかうとある程度急なカーブを切りこんでいけます。お花のような形は角に向かって左右から切りこんでいきましょう。ひと筆書きのようなカーブはそのまま向きを変えなくても切りこんでいけます。

 

形

いろんな形を切ることができます

ジグソーは細かい形が難しいですが、糸鋸よりも早く切ることができます。糸鋸では切れない大きな材料からでも切ることが出来ます。


 

コートフック

側板と上部をジグソーでカット

ジグソーを使うといろんな制作ができるようになります。直線カットで作ったコートフックも自由な形を作れるようになります。

ぜひオリジナルデザインで制作を楽しんでください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。