木材を自分で切りたい、いろいろな形に切ってみたいという時に便利なのが、「ジグソー」という電動のこぎりです。これがあると自分の思った通りの形に切れるので、木工作の幅がグッと広がります。

ジグソーとは

ジグソー

木工作が楽しくなる電動工具です

ジグソーは刃が上下に動いて材料を切断してくれる電動工具です。

直線カットも出来ますが、ジグソーの便利なところは曲線カットができることです。「ブレード」と呼ばれる刃を取り換えれば、木材だけではなく、鉄やプラスチックの切断もできる優れものです。

 

ジグソーの基本構造

角度

45度まで角度をつけられます

ブレードを挟むようについている板をベースと呼びます。切断する材料の上に乗せるように切っていきます。このベースは角度をつけることができ、0度から45度までの角度切りをするこができます。


 

ロック

黒いところがスイッチ、赤いところがロックボタン

スイッチはハンドルについています。スイッチを握っている時にブレードが動きます。その横にある小さなスイッチは、ロックスイッチになります。手を離してもブレードを動きっぱなしにしてくれる機能です。長時間の作業や切断に集中したい時には便利な機能です。



オービタル機構

オービタル

直線切りでオービタル機構を使いましょう大抵のジグソーにはオービタルスイッチがついています

オービタル機構とはブレードの上下運動に加えて弧を描くようにブレードが動きます。この機能を使うとより早く直線をカットすることが出来るようになります。直線カットに有効な機能なので曲線カットの時にはオービタルはオフにしましょう。

 

ブレード

刃

鉄工や木工用などたくさんの種類があります

ジグソーにはたくさんの種類のブレードがあります。同じ木工用でも直線用、曲線用、厚い板用、仕上げ切り用、高速切断用など。鉄やプラスチックの切断用のブレードもあるので、工具1台でいろんな作業が出来ちゃいます。用途にあった刃を選んで使いましょう。

ブレードは2種類の形状があります。機種によって異なるので、その工具にあった形状をえらんで下さい。

交換

写真のジグソーはワンタッチで刃の交換ができます

ブレード交換の仕方も機種によって異なります。はめるだけで取り付けられるワンタッチタイプや、六角で締めるタイプがあります。刃の交換は説明書を読んで交換してください。その際は必ずコンセントを抜きましょう。

 

次は、ジグソーの上手な使い方をご紹介します >>