石垣島ビーチ探索のススメ

石垣島の海

真っ青な空に珊瑚礁の海のグラデーションが美しい石垣島の海

石垣島は八重山の島々への旅の玄関口。沖縄リピーターの中でも特に八重山が好きという人の数は多く、彼らの多くは八重山の離島の島々を目指します。石垣島へは離島と離島の移動だけのために滞在する、という人もけっして少なくありません。

それはそれで八重山の旅の楽しみ方のひとつなのですが、離島旅行の場合はなんといっても海のコンディションに旅そのものが大きく左右されます。台風シーズンはもちろんのこと、どんなに晴れていても海上や風の状態によってすぐに船は欠航になってしまいます。限られた日数の旅を、出るか出ないかわからない船を待って港で何時間も過ごすのはなんとも時間がもったいないですよね。

ということで、今回はこれからの旅行シーズンに向けて、今一度、石垣島の海の美しさを再度発見するお話をしたいと思います。


石垣島のビーチ

通常、観光ガイドで紹介される石垣島のビーチといえば、空港からすぐのマエサトビーチ、市街地からもほど近い夕陽ポイントでもあるフサキビーチ、美しい珊瑚礁が生息する米原ビーチ、そして日本一早い海開きが行われる底地ビーチ、といったところでしょう。
底地ビーチ

石垣島らしい海の青さが自慢の底地ビーチ。干潮時は泳げないので、行く時は満潮時を狙うのがコツ。写真提供:石垣島海辺.COM

石垣島は潮流が早く潮の満干が激しいところ。さらに夏場にはハブクラゲが出没したりするので、観光客が安全に遊べるよう公共の海水浴ビーチとして認められているビーチ以外は基本的に自己責任での行動を求められますし、遊泳禁止となっている場所も多くあります(※ハブクラゲが出没するのは石垣島だけでなく、沖縄や奄美地方全般と言えます)。

公共のビーチはトイレやシャワーの施設があったり、夏のシーズン中は監視員が在中しハブクラゲ防止ネットが貼られたり、と確かに安全面ではとてもよく設備されています。
クリアリー

季節や天気によって様々な表情を見せてくれる石垣島の海。どのビーチもそれぞれに素敵

とは言うものの、当たり前ですが、まわりをぐるりと海に囲まれた石垣島だけに、ビーチはまだまだたくさんあるのです。長く伸びた砂浜が美しいビーチや、ジャングルのような道を通ってようやく辿り付けるビーチ、こぢんまりとした素朴なビーチなど、それぞれに持ち味の違ったビーチを訪ねるのもなかなか面白いもの。

石垣島を訪れる人で、実はビーチに行ってもあまり思い切り泳ぐようなことはしないという人もたくさんいるはず。小さな子供を連れての海水浴がメインならやはり公共のビーチのほうが安心できますが、ビーチでゴロゴロしたり、景観を楽しんだり、足先だけ水に浸かって寛いだり、という楽しみ方をするなら絶対的に公共指定されていないビーチのほうがオススメ。

広い石垣島では、目的に応じたビーチセレクトが可能なのです。まずはどんなビーチでどんなふうに過ごしたいのかを考えて、お気に入りのビーチを探しにでかけてみてはいかがでしょう。

次ページから、石垣島のおすすめビーチをご紹介します。