投資信託には追加型と単位型の二種類がある

投資信託は、購入時期に制限があるかないかによって、下の図のように追加(オープン)型投資信託と単位(ユニット)型投資信託の2種類に大きく分かれます。
投資信託の分類

株式投資信託と公社債投資信託のそれぞれに追加型と単位型がある。

追加(オープン)型投資信託と単位(ユニット)型投資信託とでは、投資家にとって売買の自由度が大きく異なります。まずは、それぞれの特徴についておさえておきましょう。

追加型投資信託の特徴は?

乗り物にたとえると、追加型は乗り降り自由な「各駅列車」

乗り物にたとえると、追加型は乗り降り自由な「各駅列車」

追加型投資信託は、設定後もいつでも自由に売買できるタイプの投資信託です。多くは信託期限が無期限。あるいは信託期限が設けられていても10年以上の長期であったり、期限を延長していくものが多くなっています。この追加型投資信託は、現在の投資信託の主流となっています。

ちなみに、中には例外として「限定追加型」というタイプも存在します。当初設定後の一定期間内しか購入できず、その一定期間を過ぎると新たな資金での購入はできません。分配金による再投資やスイッチングは一般の追加型投資信託と同様に可能です。

単位型投資信託の特徴は?

単位型をたとえるなら、一度乗ると目的地までまっしぐらの「特急列車」

単位型をたとえるなら、一度乗ると目的地まで直行の「特急列車」

単位型投資信託は、設定当初の募集期間中にしか購入できない投資信託を指します。信託期限があらかじめ定められているのも特徴です。中には″クローズド期間″といって運用期間中に解約できない期間を持つタイプもあります。単位型投資信託は、現在の投資信託の中では少数派ですが、毎月新しい商品が設定されています。

単位型投資信託は、「定時定型」と「スポット型」の2つのタイプに分けられます。定時定型とは同じ性格の商品が定期的に設定されるもの、スポット型はその時々の投資ニーズや市場情勢をとらえてスポット的に設定されるものをいいます。

では、それぞれどんなニーズの人に合うのでしょうか。まずは追加型投資信託からみてみましょう。次のページへ>>>>>>