初デート三か条は「アイコンタクト」「共感」「褒め言葉」

初デートで、ダイレクトに告(コク)ルことなく、自然にしかも効果的にあなたの好意を相手に伝えるためには、「アイコンタクト」「共感」「褒め言葉」の三つを駆使することがコツです。

昔から、「目は口ほどにモノを言う」とか「眼は心の窓」などという諺がありますが、眼は相手に好意を伝える最適な武器です。80年代にリバイバルして大ヒットしたポップス曲に「I can’t stop take my eyes off you(君から目を離せない!)」という意味の歌がありましたが、潤んだ瞳でじっと見つめられれば、どんな鈍感君でも、自分に好意が寄せられていることに気付くはずです。最近のシャイな男性陣の中には、人の目をじっと見ながら話すことに馴れていない人たちも多いようですが、それだけに、あなたの眼力が、相手に与えるインパクトは侮れません。デートの最中には、「時折、相手を優しいまなざしで凝視」してみましょう。相手があなたの熱い視線に気付いたら、ちょっと恥ずかしそうなふりをして目を逸らすのがコツです。

相手の意見に共感しましょう。共感を示すセリフには、「そうそう、わかる、わかる」「私も、同じように感じたことがある」「あれって、本当につらいよね」などです。(たとえ、したことがなくても)相手と同じ経験をしている自分を想像しながら、相手に応答してみましょう。但し、相手の話し全てに共鳴する必要はありません。相手が何を言っているのか判別不能な場合には、とにかく、肯定的に良く聞いてあげること。いずれにしても、わざとらしく思われずに、自然なあいづちをうつことがコツです。

話が盛り上がって、相手の様子がもっと良くわかってきたら(=その時点で、相手のことがまだ好きだと感じているのであれば!?)最後の仕上げは、相手を上手に褒めてあげることです。上手な褒め方に関しては、いずれ記事をアップさせて頂きます。

昔から、「始め良ければ終わり良し」という言葉がありますが、初デートは悔いのない一時にしたいものです。そのために、初デート三か条がきっと役立つはずです。但し、「本当にこの人だ!」と思う相手にのみ使用することが大切です。

あなたの初デートが実りあるものであることをお祈りしております!



【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。