無地とストライプの両方を手に入れる

フェアファクス

織り柄でストライプを構成した無地感覚の1本。鮮やかなグリーンが綺麗です。8925円(フェアファクスコレクティブ TEL:03-3497-1281) Photo:石井幸久

ストライプと無地の両方の魅力をみごとに反映させたのが、異なる織り柄でストライプを表現したネクタイです。「はっきりとしたストライプは苦手」という方にも締めやすい1本です。ストライプとはいえ無地に近い柄なので、ストライプのシャツと組み合わせもスッキリと見えます。

注目はドットのグリーンタイ

フェアファクス

濃いめのグリーンにドット(水玉模様)を散りばめた旬のネクタイ8925円(フェアファクスコレクティブ TEL:03-3497-1281) Photo:石井幸久

トレンドカラーとトレンドモチーフを組み合わせたのが、ドット(水玉模様)のグリーンタイです。今シーズン最強の組み合わせです!

同じドットでもネイビーの場合は保守的な英国紳士のような雰囲気になりますが、グリーンだとアメリカ的というか、保守的ななかにも軽快さがあります。合わせるスーツはネイビーでもグレーでもどちらでも似合います。

シャツはドットが白なので無難な白シャツでもいいですが、オフホワイト~アイボリー、淡いクリーム色も優しい雰囲気が出ておすすめです。サックスブルーよりは淡いピンクと相性がいいです。どちらにしてもペールカラー(薄い色)を脇役に使うとグリーンの魅力が発揮できます。

小紋柄も見逃せません!

フェアファクス

春らしい装いにうってつけです。8925円(フェアファクスコレクティブ TEL:03-3497-1281) Photo:石井幸久

もう1本おすすめしたいのがサテン地に小紋柄を配した春らしいネクタイです。シャンパンゴールドを彷彿させる美しい光沢と、そこに散りばめられた小さな花々が素敵です。合わせるのに少し難しい色ですが、グレーやベージュ~ブラウン系のスーツならよく映えるでしょう。

トレンドという言葉を連発したので・・・、「トレンドが終わっても締められるの?」そんな声が聞こえてきそうですが、もちろん締め続けてください。1970年代の幅広タイを今締めるとさすがにイタいものがありますが、幅8cmはとても中庸的な幅ですし、柄も色も色褪せません。10年後に締めても時代遅れにはなりませんからご安心を!

トレンドタイではあるけれど、あくまでもトラッドの範疇というのがフェアファクスの魅力ですね。ちなみにグリーンのネクタイは春のイメージがありますが、意外とブラウン系のツイードジャケットやグレーフランネルスーツにも似合うので、1年中役に立ちます。ぜひお試しを!

【問い合わせ】
フェアファクスコレクティブ
TEL.03-3497-1281
www.fairfax-collective.com/


【最近の記事】
タイバーとタイピンの違いについて調べてみました!
日常に取り入れたい、プチ贅沢なアルノワのシャツ
ネクタイの表情を変える、本格的なタイスライダー登場


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。