運転資金や設備資金、新規事業に使う資金などの調達手段のひとつとして、増資があります。融資とは違い返済不要な資金調達方法であるため、実現することができれば資金繰りが楽になり、財務基盤の強化にもつながります。会社の大小を問わず資金調達手段として有効な方法といえます。ただ、増資の手続きは難解で、税務上の注意点もあるため慎重に手続きを進める必要があります。税理士であるガイドが実務経験を元に増資の基本と注意点についてやさしく解説していきます。

増資とは

返済不要の資金調達手段や財務基盤強化に増資は有効です

返済不要の資金調達手段や財務基盤強化に増資は有効です

増資とは、株式会社が資本金を増やすために新たな株式を発行することをいいます。増資には、以下の2種類があります。

1.有償増資
新たに発行する株式に対して出資者がお金を出して株式を購入する増資。

2.無償増資
出資者がお金を出さず、会社内の他の資産(資本準備金など)を資本に振り替えて株式を発行する増資。

今回は、会社に実際にお金が入ってくる資金調達手段である有償増資について解説していきます。

増資の募集方法

増資の募集方法としては、公募増資、株主割当増資、第三者割当増資の3種類があります。

■公募増資
不特定多数の一般投資家から応募者を募る方法。これは、上場企業などの大手企業が株式市場から大規模に資金調達を行う方法であり、未公開会社は一般的に行いません。

■株主割当増資
株主全員に持分割合に応じて新株を割り当てる方法。現在の株主が少なく、他に株主を増やすことなく増資する場合に採られます。議決権割合に変化がないのが特徴です。

■第三者割当増資
取引先、役員、従業員などの会社の関係者から募集する方法。中小企業が資金調達手段として増資を行う場合、採用されることが多い方法です。

増資と融資の違い

増資も融資も会社にお金が入ってきて、それを運転資金、設備資金、新規事業の資金などに回せるという意味では同じ効果があります。ただ、会社から見て増資は会社の持ち主(株主)が出資した自己資本のため返済が不要なのに対し、融資はあくまで他人がお金を貸してくれたという他人資本であり、いずれ返済しなければならないお金というところに違いがあります。

増資のメリット

増資のメリットとしては以下のような点があります。

1.返済不要の資金調達
融資の場合、いずれは返済することになります。そのため、それが運転資金であれば返済で減った分のキャッシュについては、追加融資でキャッシュの補充を検討する必要が出てきます。増資であれば返済が不要であるため、財務が安定します。

2、財務体質の強化
返済不要の自己資金が増加することは、自己資本(資本の部の額)が増加するということです。これは、会社の財務体質が改善され強い体質の会社になったことを意味します。金融機関からみても、自己資本の強化により融資しやすくなります。

3.信用力の向上
例えば、大手企業との間で取引口座を開く際、購買部などの基準で取引先に資本金額による制限を設けている場合があります。こうした制限も増資によりクリアできる場合があります。また、世間一般でも、資本金の多寡が会社の規模や信用の判断材料にすることが少なくありません。増資により、こうした信用力の向上を図ることができます。

4.株主の参加意識
増資によって会社の株を所有してもらうことにより、株主に経営の応援をしてもらうという意味があります。例えば、取引先などの関係者や従業員に株を持ってもらえば、経営への参加意識が芽生え、モチベーションの向上が期待できます。また、従業員持株会、取引先持株会などを結成して持株会に株を所有してもらう方式も採用できます。

5.株主構成を変えることができる
有力企業からの資本参加を通じて、営業拡大やブランディングなど経営力の向上を期待することができます。また、相互の資本参加による資本提携により関係強化を図ることも可能です。