「防己黄耆湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ画像

むくみがちで、疲れやすく、足腰がだるいタイプの肥満対策にも

疲れやすかったり、風邪を引きやすいタイプの汗かきや浮腫、悪寒に。
 

「防己黄耆湯」の効果

浮腫、倦怠感、悪風、多汗症、尿量の減少、頭痛、神経痛、関節痛、リウマチ、慢性腎炎など。水太りの肥満症や、わきがにも用いられたりします。

 

「防己黄耆湯」に入っているもの

防己黄耆湯

防己黄耆湯の中身

防己(ツヅラフジ科などの根や茎)、黄耆(マメ科の根)、白朮(オケラなどの根茎)、甘草(マメ科などの根やストロン)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、生姜(ショウガの根茎)。
 

「防己黄耆湯」が合わない人

肥満であっても、固太りのようながっちりタイプや、上記の症状がない場合には不向きです。

 

「防己黄耆湯」の飲み方などの注意点

■ 飲む時間

一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■ 「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。
 

「防己黄耆湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「防己黄耆湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。

代表的な商品名:(アイウエオ順)

  • ツムラ漢方 防已黄耆湯エキス顆粒 (ツムラ)
  • 防已黄耆湯エキス錠Fクラシエ (クラシエ薬品)
  • 防已黄耆湯エキス錠「東亜」 (三九製薬)
  • ボーキット(防己黄耆湯) (小太郎漢方製薬)
  • ロート和漢箋 防已黄耆湯錠 (ロート製薬)

「防己黄耆湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

元気や活力のもとである「気」をつかさどる「肺」と、飲食などを消化吸収し、気血の源となる消化器系の「脾」の機能が弱まっているためにおこる、外敵からカラダを守る衛気の不足や、水分代謝異常を改善させる生薬が配合されています。


■ 具体的な生薬の効能
水分代謝を高め、利尿効果のある防己と、体表の邪気から身を守り、皮膚を丈夫にし、水はけを良くする黄耆が主薬。白朮は気を補いながら消化機能を高め、黄耆とともに止汗作用があります。

大棗や甘草は元気をおぎない、気の不足をサポートし、胃腸の機能を整えます。生姜は発汗させ、風邪などの体表の邪気を追いはらう働きがあります。
 

「防己黄耆湯」のおまけのエピソード

肥満やダイエット対策に、よくこの「防己黄耆湯」と「防風通聖散」があげられます。漢方は症状や体質、いわゆる「証」によって処方が異なるのですが、防己黄耆湯は皮下脂肪の多い、水太りタイプに合った漢方薬です。

カラダの表面に近い部分や関節などに余計な水がたまりやすいので、全体的にポチャポチャっとした印象や、関節痛などがある人も少なくありません。

なお、ダラダラと汗がとめどなく流れるようなタイプも対象ですが、これは「固摂(こせつ)作用」といって、汗などの分泌量をコントロールする、気の働きが弱まっているために起こるといわれています。
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項