ボリュームアップで華やかに!時短ヘアアレンジ 

東京・青山のサロン『anti』の人気スタイリストでもあるKEIKOさん。「セレモニーシーズンを意識した、華やかに見えるヘアアレンジを紹介します」

東京・青山のサロン『anti』の人気スタイリストでもあるKEIKOさん。「セレモニーシーズンを意識した、華やかに見えるヘアアレンジを紹介します」

セレモニーシーズンの3、4月。いつものヘアスタイルでは華やかさに欠けるけれど、サロンでスタイリングしてもらう余裕はなくて──そんな忙しい女性、特にお母さんにおすすめのヘアアレンジを、All AboutヘアアレンジガイドKEIKOさんに教えていただきました。

短めのショートボブ、肩にかかるぐらいのミディアムロングの2パターン。「最近、髪のボリュームが失われてきたみたい……」と悩む女性にもおすすめ。華やかな装いにマッチする、ふわふわヘアアレンジが、簡単に自分でできます。

セレモニーのヘアスタイルのポイント

セレモニーの際は装いがきちんとしているので、ヘアスタイルをキメすぎると老けてみえてしまいます。ヘアスタイルは、少しカジュアルダウンすると“マイナス5歳”になれると思います。ただ、20代~40代のヘアスタイルの垣根がなくなってきているとはいえ、オトナの女性はかわいらしさの中に、上品さを出すことが大切。また、髪につけるリボンや小物は上品なものを選び、“オトナかわいい”華やかさを演出しましょう。


ふわふわ+タイトがポイント! ショートボブのヘアアレンジ

ベースはあごぐらいのショートボブ

ベースはあごぐらいのショートボブ

毛先がランダムに内・外にはねた、軽い感じが旬。30代、40代にはおなじみのバレッタが、若い女の子の間で再び流行しています。女の子が使うキラキラアイテムはチープな印象なので、オトナな柄で上品な素材をチョイスしましょう。

 

(1)ヘアアイロンで巻き髪をつくっておく。基本は内巻き、ところどころ外巻きにして、ランダムな感じにする。パーマヘアならば、巻かなくてもOK。

ねじりながら下の髪も巻きこんで

ねじりながら下の髪も巻きこんで

(2)顔にかかるサイドの髪を少し残し、耳より上の髪をとる。(左右どちらか一方のみ)とった髪をねじりながらもちあげ、下からも少しずつ髪をとりながら、ねじっていく。耳の後ろまできたら、束ごときつめにねじる。

 

ピンを下から上へ半回転させるようにして

ピンを下から上へ半回転させるようにして

(3)アメリカピンで留める。 下からすくうようにしてピンを上に回し、上から下に向かってしっかりと留める。

 

バレッタの位置は耳の後ろ。上すぎないように

バレッタの位置は耳の後ろ。上すぎないように

(4)束をバレッタで留める。位置は耳の少し上。トップをふんわりさせる。束が留まるように大きめのバレッタを選ぶこと。

 

ワックスは毛先だけにつければOK

ワックスは毛先だけにつければOK

(5)やわらかく仕上がるワックスで仕上げる。量は小指の先ぐらい。指先で温めながらのばして毛先だけにつける。

 

ショートボブでつくる、ふんわり+タイトなセレモニーヘアスタイル

ショートボブでつくる、ふんわり+タイトなセレモニーヘアスタイル


旬な“ふんわり感”を出しつつ、サイドをバレッタで留めることで、きちんとした印象になります。バレッタの位置が上すぎると幼い感じになるので、鏡を見ながら決めるようにしましょう。

次ページは、ミディアムロングの時短ヘアアレンジです。