最も高額なのは北野病院の105,000円!!

高額な差額ベッド代の設定がある病院(大阪府内)BEST10の調査結果です。まずは表をご覧下さい。

高額な差額ベッド代の設定がある病院(大阪府内)BEST10

高額な差額ベッド代の設定がある病院(大阪府内)BEST10


最も差額ベッド代が高い個室は、大阪市北区にある北野病院の105,000円となりました。仮に1ヵ月(30日間)入院したら、差額ベッド代は3,150,000円にもなります。万が一1年(365日)入院したら38,325,000円です。普通に家が買えるくらいの金額です。ちなみに東京都の病院では189,000円が最高額で、北野病院は7番目に相当します。神奈川県の最高額68,250円よりはかなり高額です。

差額ベッド代は、1泊2日で退院した場合でもカウント方法は日数で計算(泊数ではない)するので、2日分の210,000円必要です。かなり高所得者向けの個室だと言えるでしょう。

2位の大阪医科大学附属病院はHPに個室の設備概要を載せてあります。それによると52,500円の個室は「特別室」で、平成17年(2005年)にできた新しい棟の最上階(10階)に位置しています。特別室には和室やパソコン、インターネット、キッチン、電子レンジ、バス、トイレ、応接セット、テーブル、椅子、洗面、ロッカー、冷蔵庫、電話、テレビなどが備わっていて、テレビと新聞は無料です。部屋の写真は載せてありませんが、特別室のある最上階は「高級感ただよう“癒しとゆとりの空間”が患者さまの入院生活をより快適に過ごしていただけるような仕様」との説明書きがHP内にありました。

8位に同額で8病院並んでいるのでBEST10に15病院記載していますが、そのうち大阪市内の病院が11病院もランクインし、特に北区が4病院も集中しています。

次は「個室の差額ベッド代最低額が高い病院(大阪府内)BEST10!!