時短効果をアップさせるメイクツール

 

メイクのスピードアップを狙うなら、毎日使うメイクツールを見直してみるのが近道。せっせとメイクテクニックを磨かなくても、メイクの時間短縮と美しい仕上がりを両立することができます。

今回は、あると便利なメイクツール5つを選りすぐってご紹介!

 

メイクスポンジ

ベースメイクの必需品といえばメイクスポンジ。私のおすすめは、ダイヤ型(ひし形)やホームベース型で程よい厚みのある多面タイプ。面が多いといつでも清潔な面を使えてムラづきが少なくなるので、仕上がりに差が出ます。小鼻や目尻などの細かい部分も、スポンジの角の部分を使うことでいっそうキレイに仕上がります。

スポンジテクニック

細かい部分は角をうまく使って

リキッドファンデーションを肌に伸ばした後、スポンジで軽くトントンとたたき込めば、余分な油分を取り除きながらファンデーションを肌に密着させることができ、気になる化粧崩れを防止することができます。

パウダーファンデーションの場合は、軽くすべらせるような感覚で伸ばしましょう。トラブルを隠したいときは、全体に均一に塗ってからカバーしたい部分のみ重ね塗りするとナチュラルです。

 

メイクスポンジ

もっちりとした質感が気持ちいい

【これがおすすめ!】
上から
徳安「プレミアムスポンジ(Mサイズ、1個入り)」
368円(税込)
チャスティ「ダイヤ型スポンジ(小、2個入り)」
210円(税込)

程よい厚みと弾力があるので、ファンデーションをムラなく伸ばすことができます。


 

ファンデーションブラシ

ここ最近スタンダードになりつつあるのが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションをブラシで伸ばす方法。手を汚さずに素早く均一に塗れるので、メイク時間もぐっと短縮できます。一度使うと手離せなくなる快適さなので、まずは試してみて!

資生堂「ファンデーションブラシ 131」

顔のあらゆる角度にフィットする斜めカットブラシ

【これがおすすめ!】
資生堂「ファンデーションブラシ 131」1890円(税込)

パウダリー、リキッド、クリーム、固形乳化タイプのあらゆるファンデーションに使えるので、1本持っておいて損はなし。