可能性はゼロではないが、限りなくゼロに近い

カルドセプトの図

セガから発売しているカルドセプトには、ヘッジホッグというカードが、PlayStationシリーズではバンディクート、そして、DS版にはパイロマンサーという、赤い帽子で手にはファイアボールなんて、誰かを連想させるカードが登場したりします。

さて、最初の話題に戻りますと、ラストストーリーがPS3で発売される可能性は、限りなくゼロに近いのですが、ゼロではないかもしれません。実は、同じシリーズでも、パブリッシャーを変えながら、ハードを渡り歩いているタイトルというのもあるんですね。

大宮ソフトというところが開発しているカルドセプトシリーズは、セガやメディアファクトリー、バンダイナムコゲームスなど、同シリーズでもパブリッシャーを変えながら、セガサターンやPlayStationをはじめとし、Xbox 360やニンテンドーDSなど、様々なメーカーのハードで発売されています。

ポイントは、最初に発売されたカルドセプトが、当時ハードメーカーだったセガからセガサターンのタイトルとして発売されているということです。そしてその後、パブリッシャーをメディアファクトリーに変更して、PlayStationのタイトルとしてリリースされています。当時のセガサターンとPlayStationは、今のWiiとPS3と同じような、あるいはそれ以上に熾烈なライバル関係にありました。そういう意味では、ラストストーリーも、パブリッシャーを変えれば、という可能性が無いと言いきれるわけではありません。

ただし、ラストストーリーは、任天堂が自社開発のブランドでは弱いRPGの分野を強化していく施策の1つとして、坂口氏による新作RPGを発売した、そういう位置づけをもったタイトルであると考えられます。じゃあ、そのWiiのRPGを強化するタイトルを、他のプラットフォーム、他のパブリッシャーでも発売してしまったら、任天堂は何をやっているか良く分からなくなってしまいます。この流れを考えると、ある程度拘束力のある契約をデベロッパーと結んでいると考えるのが妥当でしょう。なので、PS3への移植は、限りなくゼロに近い、ということなんですね。

ゲームのパブリッシャーとデベロッパーのお話、いかがだったでしょうか。あのゲーム、自分の持ってるハードでも発売されないかな、という時や、今度のシリーズ新作は面白いかな、何ていう時は、パブリッシャーやデベロッパーをチェックして、何故そのデベロッパーが開発し、パブリッシャーが発売するのか、考えてみるものいいかもしれませんね。

【関連記事】
テクモ営業さんに聞く新規作販売の苦労話(AllAboutゲーム業界ニュース)
開発者に聞く ゲームってどうやって作っているの?(AllAboutゲーム業界ニュース)
中小メーカーにDS参入の実情を聞いてみた(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。