なんでラストストーリーはWiiで発売されるのか

ラストストーリーの図

敵の注目を自分に集めるギャザリングなど、新しい形のRPGを目指したラストストーリー。

ファイナルファンタジー(以下FF)シリーズの生みの親、坂口 博信氏が手がけるWii用新作RPG、ラストストーリーが2011年1月27日に発売されました。Wiiでは比較的少ないRPGの大作ということで大きな期待が寄せられていますが、一方、Twitterなど、インターネット上のユーザーさんの反応には、PlayStation3(以下PS3)での発売を期待する声というのがしばしば見られるようです。中には、何故こういったRPGの大作をWiiで出さなければいけないのか、というような意見も。

しかし、ラストストーリーがPS3で発売される可能性は、限りなくゼロに近いと思われます。ゲーム業界では、ラストストーリーがPS3で発売されるわけがない、そんなことは当たり前だと、ほとんどの人がそう思います。また業界の人間でなくても、ゲーム業界に詳しいコアユーザーさんであれば、同じように思うでしょう。

しかし、FFと結び付きの強い坂口氏がRPGの新作を出すとなれば、今、FFシリーズ本編はPS3で発売されているわけですから、ラストストーリーもPS3で出るかもと思う人がいるのは当然かもしれません。自分はPS3しかもっていないから、PS3で発売されたら買いたい、というのはお客さんとしては極めて普通の発想ですよね。

それに、何故ラストストーリーがPS3では発売されないのか、そこにまつわるゲーム業界の構造、ゲームを作る人と売る人の関係について、きちんと説明された機会というのは、あまり多くないかもしれません。というわけで今回は、ラストストーリーがPS3で発売されない理由と、ゲーム業界の構造について、お話してみたいと思います。

ラストストーリーは任天堂が作っていない任天堂のゲーム

NewスーパーマリオブラザーズWiiの図

NewスーパーマリオブラザーズWiiは、任天堂が作った、任天堂のゲーム。でも、そうじゃないタイトルもあるんです。

先に答えを言ってしまいますと、ラストストーリーがPS3で発売されない理由はシンプルで、任天堂のゲームだからです。マリオシリーズやゼルダの伝説シリーズ、nintendogsやどうぶつの森シリーズがPS3用のソフトとして発売されないのと同じなんですね。

任天堂は、WiiやニンテンドーDSを発売しているハードメーカーですから、基本的に他所のゲームハードにソフトを供給することはありません。

ただ、少しややこしいのが、例えばNewスーパーマリオブラザーズや、Wiiスポーツは、任天堂が作った任天堂のゲームなんですが、ラストストーリーは、任天堂が作っていません。開発したのは、坂口氏率いるミストウォーカーと、AQインタラクティブという開発会社です。

えっ、任天堂のゲームなのに任天堂が作ってないの? と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、任天堂じゃないメーカーが作っている任天堂のソフトというのは、意外とたくさんあるんです。