食べ残しが多い?
解説:好き嫌いが多かったり、口がこえすぎているのもちょっと。

従業員に対する態度は?
解説:横柄な態度はもちろんNG。慣れたらあなたにもそういう態度をとるかも。

食事の後は「ごちそうさま」と満足そうな笑顔?
解説:多少口にあわなかったとしても、今日もしっかりとお食事を頂けた事に対する感謝の気持ちが大切です。

まだ、これ以外にも沢山ありますが、僅かな時間一緒に食事を共にするだけで、相手に関わる沢山の事を知ることが出来ます。

あの人の食へのこだわりからわかること

さて、今度はあの人の食べるという事自体に対するこだわり方から、あの人の性格を見抜いてみましょう。それでは、イタリア料理(何料理でも良いのですが)を巡ってあなたの意中の人が友達と会話をしている場面を想像してみましょう。あの人は次のどのタイプでしょうか?

自分のひいきの店が一番と強く主張して譲らない?
解説:情報には常に敏感で、話題の店はマメにチェックするタイプ。行動力や判断力に富み、一目置かれるものの、他人に批判的であまり好かれる方ではないかも。

パスタならここ、ピザならここと強いこだわりがある?
解説:趣味や特技にのめり込みやすいタイプ。話が合えばあなたにものめり込んでくれそうです。

会話に耳を傾けて聞き役になっているが、相手からの問いかけには知りうる限りの情報を開示?
解説:自分の主張を通すよりも、他人の好みを優先するタイプ。もしかすると、あの人自身が、かなりの料理名人かも。一般的には思いやりのあるタイプでしょう。

誰にでも賛成して、どの店の事もポジティブに評価?
解説:人の気持ちにうまく対応出来、精神的に安定したタイプ。でも、八方美人になりがちなので、誤解を招くことも。あなたも、ついついその気になってしまうと後悔することも。

あなたのデートのお相手はどのタイプでしたか?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。