花粉シーズン到来!

早い人では年明け頃から感じ出してしまう(スギ)花粉。環境省の花粉観測システム「はなこさん」で見ても、関東圏への飛散はハイシーズンに突入しています。10年来の「花粉症」(※1)患者としては、春の訪れを素直に喜べないのは毎年のことながら悲しいものです。

部屋の中に浮遊している花粉が悪さをするのです

部屋の中に浮遊している花粉が悪さをするのです

さて花粉が飛んでいるのは屋外であるにも関わらず、「花粉症」の症状が酷く出るのはだいたい屋内。オフィスや教室やリビングや寝室だったりします。何故か?  屋外から知らず知らず持ち込んでしまった花粉を、狭い空間で舞い上がらせつつ「濃く」吸い込んでしまうから。つまるところ屋内に「持ち込む花粉をできるだけ減らし」、「持ち込んでしまった花粉はなるべく速やかに除去する」ことが、辛さ軽減のため肝要なのです。

住まい(お部屋)から花粉という花粉を徹底除去する気概で、以下ご提案する10カ条を、是非駆使してみてください。


花粉掃除の10カ条

  1. 洗濯物は一切「外干し」厳禁! あらゆる乾燥技を駆使して乗り切ろう
  2. お布団「天日干し」は我慢! ジメジメ・ダニ対策にもなる乾燥重視で
  3. 部屋の空気は「加湿」でしっとり。空気中の花粉を湿らせ床に落とそう
  4. 床の掃除は「朝一番」で! 夜間に落ちた花粉を再び舞い上がらせない
  5. 「拭く」掃除法を駆使! ハタキ厳禁、掃除機使用時は空気清浄要併用
  6. 住まい内の静電気に注意! 花粉をまとう電気機器もまめに掃除しよう
  7. 花粉と仲良しウール・ファー・フリースは、ツルツル素材にシフトして
  8. 上着や帽子は玄関まで。花粉の付いた服を寝室に持ち込まないくふうを
  9. 就寝前に寝室加湿で花粉を落とそう! ただし枕周りにはカバー必須で
  10. 花粉入り外気は部屋に入れない! 換気は花粉の飛ばない深夜か早朝に

※1 アレルギー性鼻炎のうち、植物の花粉が原因で起こる症状

次のページで、最初の5ヵ条を具体的に解説します >>