掃除がしやすく衛生的、でもその分汚れが目立ち気になりやすいフローリング床。さて裸足で歩いて気持ちいいフローリング床はどうしたら手に入り、維持できるのでしょう? その方法、意外と難しくありませんよ!


フローリング床掃除の基本は「水拭き」

みんな気持ちのいいフローリングは大好き

みんな気持ちのいいフローリングは大好き

もともとフローリングとは木質系床の仕上げ材の総称。およそフローリング=木の床と捉えている方がほとんどでしょう。ですが「木質系」と括られるのは、それが無垢の「木」そのものではないことが多いからです。

フローリングと呼ばれる床のほとんどは「合板」(薄くむいた原木を接着剤で張り合わせたもの)による「複合フローリング」です。これは割れない・反りづらいなどメリットがありますが、内部まで水分が入ってしまうと変形してしまう恐れがあります。

また、無垢材の「単層フローリング」も表面を自然塗料や油分などでコーティングしてあるものが、水ぶきによってはく離してしまう恐れがあります。

これらの心配によって「フローリングそうじに水ぶきは厳禁」と、住まい周りではよく言われます。けれど小さな子どもやペットと暮らしていれば、お粗相など、水拭きしないではいられない状況に頻繁に見舞われてしまいます。

水拭きは花粉など微細なホコリ汚れをスッキリさせるために、一番簡単で合理的な掃除法です。これまで「住まいのため」水ぶきを我慢してきた方もいらっしゃると思いますが、住まいに暮らす「人のため」、無理にそうがんばらなくても良いと思います。

ただ次の2点にだけ、気をつけてください。
  • かたく絞った、薄めのぞうきんで行なうこと
  • 短時間で行なうこと
薄めのフェイスタオルを半分に切ったぐらいのボリュームの雑巾が床拭きの使い勝手では一番おすすめです。ビショビショのぞうきんやモップでグチャグチャ掃除をするのは論外。

掃除を始めたらダラダラ拭かずに一気に終えることも大事。できれば窓を開け換気し、乾燥を促しながら行なうのがベストです。

特別な洗剤や石けんなどを使わなくても、水だけでびっくりするくらいすっきりしますよ。できれば床ぶきは、ワイパーやモップタイプの用具は使わずに、床に近い位置で(屈んで)行なってみてください。普段のお掃除の盲点などがよく見え、終えたときの爽快感が違います。